mikan-ya-EURUSD

ドル円:ドル円のトレードでも今はユーロドルの動向のチェックが必須だと思いまして…

FX:USDJPY   米ドル/円

ドル円


ユーロドル

ドル円
22:03 2017/09/21

 FOMCという大きなイベントを通過して、ドル円は大きく上昇しました。

 日足を見ると、バンドが発散し、+2σ(現在112.13円)を上抜けたままです。バンドウォーク状態は継続しているように思いました。このまま上昇するのであれば、週足+2σ(現在113.81円)に向かうのでは?と思っています。
 もし、日足+2σを下抜けたとしても、まだ、5日平均線(現在111.72円)ではね返される可能性も十分考えられます。明日はおそらく5日平均線が112円ちょうど付近くらいになると思いますので、下抜けるのであれば、一旦今あるロングポジションは整理したいと思います。

 4時間足を見ると、基本的には+1σ~+2σのラリーをしているように見えますが、25本平均線~+2σのラリーにも見えます。基本的には押し目買いと考えて、+1σ付近である112.05~112.15円付近が押し目買いの第一ポイント、25本平均線付近である111.65~111.75円付近が押し目の最終ポイントと考えています。もし、25本平均線をしっかり下抜けるのであれば、短期的なショートも興味深いです。なので、111.50円くらいを下抜けるのであればドテンショートも考えています。

 ドル円の話をしていますが、ユーロドルを見ると、週足はいままで5週平均線~+2σのラリーをしているように見えますが、FOMCで一気にドル買いしたことから5週平均線を下抜けそうになりました。しかし、現在は日足25日平均線、4時間足-2σではね返されたような格好になっていますので、まだドル買いが続くのかはわかりません。ですが、この日足25日平均線、4時間足-2σを下抜けるようであれば、最近のリスクオン相場にドル買いの本格化でドル円の上昇の勢いが加速するのでは?と思っています。逆に反転して今まで通りのトレンドになる可能性も十分あるので、この付近の反応はしっかりと見ておいて損はないと思います。

 ドル円のトレードですが、今はユーロドルの動向をしっかりと監視把握しておく必要があると思いました。


ドル円のポイント
・日足バンドウォーク継続
・112.05~112.15円付近が押し目買いの第一ポイント?
・111.65~111.75円付近が押し目買いの最終ポイント?
・111.50円を下抜けるなら短期的なドテンショートも…
・ユーロドルが節目付近なので、ユーロドルの動向のチェックは必須
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト