BIusually

2/28トレードレポート

OANDA:USDJPY   米ドル/円
〈昨日の振り返り〉
為替市場はイギリスとEUの北アイルランドの問題解決報道が出て18:00からポンドが独歩高になり、ニューヨークタイムの終わりまでポンドが独歩高で終えております
米国株式市場ダウは自立反発で上昇したが、S&P500とナスダックは下落して終えております。
米国債券市場は上昇して終えております


〈ファンダメンタルズ〉
昨日イギリスとEUが北アイルランド物流懸念決着報道が出ました。これによりEU加盟国であるイギリスから北アイルランドへの物流に対する煩雑な検査や書類手続きの負担がEU域内向けに比べて軽減されたり、北アイルランドからイギリスへの物流、ペットや小荷物の移に従来課してきた条件も撤廃されるとの事。これはEU側が譲歩したものとなっております。
1月米住宅販売保留指数(仮契約住宅販売指数)の前月比予想が1.1%に対して結果8.1%とかなり予想より高い数値となりました。まだアメリカ経済の強さを象徴してると思います

〈今日の重要な経済指標〉
今日は特に重要な経済指標はないです



〈テクニカル分析〉
ドル円が136円台となっております。この136~137円あたりはかなり強い節目となっているのと週足三尊のネックラインとなっているところです。2/28 11:29時点ではドル円は下がっていますが、134円80水準に200日移動平均線もあるためどちらかに抜けるのかレンジ推移するのか注目です



〈今日のトレード戦略〉
昨日1月米住宅販売保留指数(仮契約住宅販売指数)の前月比予想が1.1%に対して結果8.1%とかなり予想より高い数値が出たにも関わらず、S&P500とナスダックは下落しております。FRB金融引き締めの強まりを受けてアメリカ株式がようやく真に受けたのではと思います。為替市場もアメリカ株の影響を色濃く受けるため、アメリカ株が下落するとなるとアメリカドルは上昇すると思います。さらに円に関しては植田日銀総裁候補が金融緩和継続の考えを示してるため円売りになると思います。ドル円が137円を抜けた場合週足三尊が崩れるチャートとなるためドル円ロングは面白いかもしれません。ただ3/10に日銀政策決定会合が控えており、サプライズ警戒はしておかないといけないためドル円をエントリーするかは相当なトレード戦略をもって臨んだほうがいいと思います。