mikan-ya-EURUSD

ドル円:FOMCでどうなるか3つのシナリオで考える

FX:USDJPY   米ドル/円

ドル円
22:12 2017/09/20

 今日は、この後にFOMC政策金利発表とイエレン議長の会見があるので、日足週足クラスでの変動が予想されるので、時間足クラスの予想はやめておこうと思いました。また、上下のどちらに走るのかもわかりませんので、具体的なことは明日考えようと思いました。

 日足を見ると、今日は+2σ(現在111.58円)を上抜けることができていません。今日の高値も111.64円なので、バンドウォークが引き継がれているようには思えませんでした。ひょっとすると、昨日の日足の十字線は転換のサインなのかもしれません。しかし、バンドが発散から5つのラインすべて上向きになる可能性も十分に考えられます。なので、FOMC次第ではどちらにも可能性はあると思いました。

 3つのシナリオを考えてみます。

①FOMC後、ドル上昇
 もし、FOMCやイエレン議長の会見が相場にとって好意的に受け止められドルが上昇した場合、日足+2σを再び上抜けバンドウォーク再開の可能性があると思います。その時は、週足+2σ(現在113.71円)を目指すのでは?と思います。ロングでついていってもいいのでは?と思います。

②FOMC後、ドル下落
 逆に、FOMCやイエレン議長の会見が肩透かしとなって、相場の期待を裏切るようであれば、昨日の日足十字線が転換のサインと受け止められ、下落するのではと思います。しかし、下落の勢いが大事だと思います。おそらくは5日平均線(現在111.11円)は下抜けると考えています。しかし、日足+1σ(現在110.67円)、4時間足-2σ(現在110.19円)を下抜けるかどうかが下落の大きなカギとなると思います。日足+1σではね返された場合、バンドの形から、+1σ~+2σのラリーの可能性が強くなり、より強い上昇になるようにも思います。また、4時間足-2σ付近ではね返された場合、下目線に転換になる可能性がありますが、一旦戻るのでは?と思います。
 110円を下抜けるような、一気に落ちる強い下落になるのであれば、そのままショートでついていった方がいいのでは?と思います。
 このように、下落の場合はどこまで下落するかで考えた方がいいような気がしました。

③FOMC後、イッテコイもしくは動かない
 この時は、まったく次の一手がわからなくなるので、明日は様子を見た方がよさそうだと思いました。

FOMC後に相場が浸透する東京時間の開始前くらいに、どのシナリオが一番しっくりくるのか考えて臨みたいと思いました。


ドル円のポイント
FOMC後、ドル上昇
・111.6円を再び上抜けるのであれば、113.7円付近を目指して再び走り出すのでは?
・ロングでついていきたい

FOMC後、イッテコイか動かない
・次の一手はわからないので様子見

FOMC後、ドル下落
・110.6円付近で下げ止まるなら、日足+1~+2σでラリーも視野に?
・110.2円付近で下げ止まるなら、戻り売り目線で…
・110円を下抜けるような強い下落なら、ショートでついていく

東京時間開始前くらいにどのシナリオがしっくりくるか考えて臨みたい
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト