OANDA

ドル円はジリ安、米国雇用統計も控え、読みにくい状況続く!?

OANDA:USDJPY   米ドル/円
OANDA:USDJPY
昨日のドル円はサポートとなっていた111.65付近を割り込むも111.50付近までの小さな下押しとなった。
日足チャートで見ると、上昇基調中の下押しであるため、反発に転じる可能性も考えられ、方向感を見出しにくい状況が続いている。
また、本日は米国時間に米国雇用統計の発表が予定されている。以前に比べると、注目度はそれほど高くないと考えられるものの、発表直後は上下に振れる可能性もあるため、注意したい。