r6bztqtcq4

USDJPY 2022/5/5 現状把握

FX:USDJPY   米ドル/円
日足から。

現在長い急な上昇ラインから少しだけ割った場所にいます。
前回の分析では日足でのMACD売られすぎラインが過去に最高まで登った位置と同じくらいの高さにいるためそろそろ大きな押し目をつけるかも?という記事をだしましたが、今までの押し目のなさに比べたら多少は押し目を作りましたがまだまだ大きな押し目とは言い難い状態ですね。

今は下落の押し目でここから本格下降する可能性もありますが週足などのインジケーターなどを見ても下がって行くように見えないのも事実です。

日足で少しダイバージェンスが見えてます。
MACDも多少下げましたがここから鎖状に小さく上下を繰り返して上がっていく可能性もあるのでなんともいえないですね。

前回の分析ではポンド、ユーロ、オージーなどのクロスドルがボーダーで反撃を開始するという読みでもっとガツンと下がると思ったのですが、全くそんなことはなくてポンドユーロオージーはさらに加速して下落してその売りの強さからか円が買われるようになって円の強さでドル円も微妙に下がったという状態でした。

ドルはずっと強かった。
とりあえず当面の見ていくポイントとしては。
コメント: 4時間足
このラインをどちらに抜けるか
コメント: 赤いラインは落ちてもここらへんのどこかで折り返すというやんわりな想定。

上に抜けることも十二分に考えられる。
コメント: こちらは週足
コレで見るとチャートもMACDもまだまだ上昇しそうな形に見えます。
コメント: 15分足
緑のラインで何度か支えられて跳ね返ったりレンジが起こったりしているのを見るとこのラインが十分に意識されている事がわかります。
コメント: ドル指数 日足
2つ(緑と黄色)の上昇トレンドを抜けて押し目を作ったところ?
ドル円だと下落の押し目中に見えるがこちらだと上昇の押し目に見える。
コメント: 緑のラインまでこのまま落ちる可能性もあるかな?
コメント: 円指数 日足
こちらは一応下降トレンドから少し抜け出した?
押し目ラインまで上昇して落ちる感じかなぁと1時間足でも少し上昇の兆しは見えてますね。

まあまだわかりませんが地道にボーダー突破でエントリーしていければという感じですね。


ではではここまで読んでいただきありがとうございました。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。