Magellan_EXP

テクニカルもファンダも不要!「ドル/円8月レンジブレイクで、簡単、楽々利益!!」2022年期結果!!(^o^)

OANDA:USDJPY   米ドル/円
2022年期(2022年9月〜2023年7月末)は
最大で+1,299Pの利益になっていました!(^O^)

2022年期は9月月初にすぐに8月レンジをブレイクしたので買いポイント。
その後2ヶ月間で大きく上昇になりました。

このアノマリーはまた今回も間有効であったことが示されました。

2002年9月〜2023年7月のトータル利益(各年最大の合計)+22,619P
毎年平均 +1,138P

このトレード法は、毎年、ドル/円の8月1日~31日のレンジを測定。
8月以降にそのレンジをブレイクしたら、その方向にポジションを取るだけ
(上にブレイクなら買い、下にブレイクなら売り)
というこれ以上ないほど簡単なトレード法です。

テクニカル分析も、ファンタメンタルズ分析も一切不要
あっけないほど簡単で楽です(^_^)

これだけ長期間にわたって毎年有効なアノマリーってなかなか無いのではないかと思います。

2023年期はどうなるでしょう、楽しみです。
8月レンジが確定するのを待ちます。

———————
「8月レンジブレイク・アノマリー・トレード」について

「ドル円は、8月のお盆期間のレンジを抜けた方向に動いていく傾向がある」
というアノマリーを使用。
過去の検証については、お盆期間のレンジを検証するの大変なので、「8月のレンジ」をもとに検証。

チャートは月足チャートで遡れた2002年以降、
 赤い水平ラインは、9月以降に8月の高値を上抜けた場合
 青い水平ラインは、9月以降に8月の安値を下抜けた場合
を、翌年7月まで伸ばしたもの。

赤いラインをブレイクしたら買い。
青いラインをブレイクした売り。

それだけで簡単に利益になっています。
チャート分析も、ファンダメンタルズ分析も何も考えずに、
8月レンジ抜けた方についていくだけでこの利益なので、楽すぎますね(^O^)

上と下と両方に抜けている年もありますが
ここでの過去チャート検証では、上か下か先に抜けたほうのみで計算しています。

上下両方取りに行くとさらに利益が増えることになります。
たとえば、2020~2012の場合、
上にブレイクで+460P 下にブレイクで+300P 合計760Pです!

(注)各年、最大値幅までの利益が取れた場合(エントリー後の最大値幅)で検証しています

前回投稿

3/23(土)と4/20(土)新宿にて少人数でのトレード教室を開催いたします。
www.eagle-fly.com/fp/mzschool20240304/

著書
エンタープライズ®トレード・ブック
www.eagle-fly.com/fp/efmz/

エン・スパ掲載 週刊SPA! 掲載
tinyurl.com/y35agwsq

「イーグルフライ」で解説中です。
www.eagle-fly.com/mm/
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。