mikan-ya-EURUSD

ドル円:113.2円を下抜けたまま日足が完成すれば上目線は完全に中断…

ショート
FX:USDJPY   米ドル/円
ドル円

 ようやく調整らしい下落が訪れたと思いますが、実はここからが正念場だと思います。

 週足を見ると、まだ水曜日なのでわかりませんが、上ヒゲをつけた陰線となっています。+2σが115.25円なので、自分としては、もう少し上昇して115円くらいをタッチしてから下落して陰線をつけてくれると、今後の下目線に自信がでるのですが、自分の都合に相場があわせてくれるわけではないので、下目線の可能性もあるくらいで考えます。まだ、週末まで時間があるのでまだわかりませんが…

 日足を見ると、昨日は上ヒゲの長い陰線で今日は結構な陰線と、きれいな下落パターンになっているようにも見えます。しかし、自分としてはこれで完全な下目線になるわけにはいきません。
 21:30ごろに一気に下落し+1σを下抜けようとしているように見えます。このまま、+1σ(現時点113.23円)を下抜けたまま今日の日足が完成するのであれば上目線が完全に中断ということになりそうです。

 もうひとつ考えていた、日足5日平均線と+2σのラリーをしていたとすれば、現時点の日足は実体で下抜けているといえます。この点から考えれば、上昇の勢いに陰りが出てきたのでは?とも思います。明日の日足で5日平均線を上抜けることができなければ下落の可能性にさらなる自信が出てきます。明日の日足はその点にも注目しています。

 スキャルレベルならともかく、デイ~スイングを中心に考える自分としてはロングは考えにくいと思います。とはいえ、4時間足を見ると、現時点では-2σ付近なので4時間足のチャートの形からして、ここから一気にバンドウォークして下落するようなイメージにはなれません(可能性はゼロではありませんが…)。なので、一旦戻るのでは?と思っています。自分が考えているのは5日平均線付近を戻り売りのポイントで考えています。また、日足完成の形を見て、追っかけて軽いショートもアリかなぁと思いました。

ドル円のポイント
・日足はきれいな下落パターンのように見える
・今日の日足が113.2円を下抜けて引ければ上目線は完全に中断
・この時点ではデイ~スイングレベルでロングは考えにくい
・日足5MAが戻り売りのポイントか?