mikan-ya-EURUSD

ドル円:下落再開なら108円を下攻めするのですか?

FX:USDJPY   米ドル/円
ドル円

 下落再開とみるか、何とも難しい相場なのだろうと思いました。

 日足を見ると、昨日の上昇を打ち消すかのような陰線で日足-1σではね返されたようにも見えます。まだ、日足-1σ~-2σのラリーは継続しているのかもしれません。
 日足のバンドのラインが少しいびつでプラス圏のラインが下を向いているのに対して、マイナス圏のラインがそれほど下を向いていないように思います。おそらく、108円台で何度もはね返されているからでしょう。
 印象としては、-2σのラインはやはり相当堅いようにも思います。なので、-2σを大きく実体下抜けるようでしたら、週足も-2σ付近であることから、相当大きく下落するのでは?と思います。具体的には月足-1σである106円を切ったあたり、もしくは赤紫の一番下のラインである105円付近でしょうか…

 4時間足を見ると、バンドはヨコヨコで大きく変わっていないように思いました。意識すべきポイントは4時間足-2σの108.7円付近です。4時間足でも4回この付近で下ヒゲをつけてはね返されていることから、4時間足の実体で下抜けると、そのまま4時間足でもバンドウォークする可能性が高くなります。
 とはいえ、あまりこのバンドウォークはついていきたいとは思っていません。やはり、その下の108.0-108.3円付近は週足-2σ、ピンクと黄緑のラインが位置しているため、ここをしっかりと下抜けるのを確認しない限り、はね返される可能性が強いのでは?と思っています。

 なお、自分はこれ以上の手出しはやめておこうと思っています。少し様子を見て、動向を少し眺めてから考えたいと思いました。


ドル円のポイント
・日足-1~-2σのラリーは継続していたか?
・下落したら日足-2σを下抜けるか、再びはね返されるのかに注目
・108.7円を下抜けると、4時間足→日足→週足バンドウォークの連鎖の可能性も…
・108.0-108.3円を下抜けるまでは様子を見たい
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト