snep
ショート

ドル円の調整は深めになるのでしょうか?

FX:USDJPY   米ドル / 円
1081 2 16
ドル円相場は、大統領選以降上昇を続けていて、週足も6週連続陽線になりました。

これまで自分は、日銀ハロウィン緩和(2014年10月 ~)をモデルケースに、比較しながら分析してきましたが、
ここへ来て、少し相違点が出てきているように感じています。

そこで、先週つけた高値 118.66円が短期の天井だと仮定して、
ここまでの値動きを、アベノミクス相場の黎明期(2011年10月 ~)と比較しながら、
今後の値動きを予想してみたいと思います。

まずは、今回の上昇波が2012年2月からの上昇(1波目)だと仮定します。

アベノミクス前の下降波(2011年4月高値 85.52円 → 2011年10月安値 75.56円)の86.5%戻しが、
2012年3月高値 84.18円になります。

同様の戻り率を今回の前段下降波(2016年1月高値 121.68円 → 2016年6月安値 98.78円)に適用すると、
理論的な戻り高値は 118.60円となり、今回の仮の天井値(118.66円)とほぼ同水準になってきます。

ということで、歴史(アベノミクス相場)が繰り返すとすれば、試算方法は同様なので省略しますが、
戻り率は81.8%となり、押し安値の理論値は 102.40円となります。

試算方法は、かなり大雑把で、相場環境も異なり、前提条件も限定されていますが、
イメージよりも少し深めの調整が起こるかもしれません…。


ご参考に、アベノミクス黎明期の週足チャートを添付致します。

snapshot

関連したアイデア

興味深い分析ありがとうございます!
返信
snep yohei
@yohei,
ありがとうございます。😊
返信
日本
United States
United Kingdom
India
Deutschland
España
France
Việt Nam
Italia
Polska
Brasil
Россия
Türkiye
Indonesia
Malaysia
한국
简体
繁體
ホーム 株式銘柄スクリーナー FXシグナル検索 Cryptocurrency Signal Finder 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートAPIライブラリ 優先サポート フィーチャーリクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ヘルプ & Wiki ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 優先サポート 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト