mikan-ya-EURUSD
ショート

ドル円:ポイント付近なので今日は特別に30分足を見て…

FX:USDJPY   米ドル/円
104 views
4
104 0
~ドル円月足~

22:22 2018/08/16記載

   月足を見ると、バンドの形はヨコヨコでさらに収縮しているようにも見えます。16年11月の米大統領選挙以来、月足+1σ(現在113.77円)を上抜けることもなく、-1σ(現在106.81円)を下抜けることもなく、狭い±1σの範囲によるレンジのようにも見えました。この±1σのどちらかを月足実体で抜けるまでは、長くてもポジションは週足レベルで考えたほうがよさそうに思いました。

   チャネルラインを見ると、15年6月を起点としたピンクのチャネルで推移しているように見えました。そうであるならば、月足レベルでは下降トレンドが続いていると考えられます。ピンクのラインをしっかり上抜け、18年7月高値(113.17円)を更新するまでは、月足レベルの上目線は難しそうに見えます。もし、更新するのであれば、月足+1σの位置関係と合わせて判断したいと思います。ピンクのチャネルとは別に12年9月を起点とした緑のラインも気になるところです。このラインは16年に一度はね返されていますが、18年2月に下抜けています。その後は緑のラインに張り付いているようにも見えますが、上抜けることができていません。もし、このまま下に離れてしまうのであれば、緑のラインがサポレジ転換ラインとなり、とても重要なラインになる可能性があります。

   月足5月平均線(現在110.26円)や月足25月平均線(110.29円)を下抜けていません。とはいえ、17年1月以降、5月平均線や25月平均線ではりついているような相場といえ、あまり平均線は機能していないようにも見えます。現時点では110.2円付近がひとつの分岐点程度に考えたいと思います。

   月足レベルで大きなトレードのポイントになるところは、今のところわかりませんでした。月足レベルはどちらかというとブレイク待ちというところでしょうか。月足レベルでの方向感も大きく感じられませんので、ポジションを持ったとしても、週足以下レベルで考えたいと思います。


・月足±1σの範囲によるレンジ相場
・ピンクのチャネルより月足レベルは下降トレンドか
・月足5月平均線・25月平均線は参考程度
・月足レベルではトレードのポイントはわからず
・ポジション保有は週足レベル以下の長さで



~ドル円週足~


8:51 2018/09/01記載

   週足を見ると、バンドの形は緩やかながら上を向いているように見えました。しかし、はっきりとしたバンドのサポート・レジスタンスラインが見当たりません。今はラインが機能しないのかもしれません。緩やかな上向きのバンドという参考程度にしかボリンジャーバンドは機能していないのかもしれません。また、数本程度の方向性を見出してくれる5週平均線もヨコヨコで7月23日週足より張り付いたままで方向感はありません。週足レベルでは方向感が出ていないと思いました。はっきりとした方向感がでるまでは最長でも日足レベルのトレードになりそうです。

   チャネルラインで考えると、月足レベルであるピンクのチャネルが基本になると考えられます。先週(8月27日週足)の高値(111.82円)がこのピンクのチャネル上限ライン付近ではね返されたように見えるのが大きな印象でした。また、安倍政権発足時付近から続いていた緑のラインも再び上抜けることができなかったのも大きな印象です。まだはっきりとピンクのラインではね返され、緑のラインを上抜けられなかったと判断するのは時間が早いですが、少なくとも、これらのラインを上抜けるまでは上目線は中断で反転下落を想定する必要があると思いました。

   また、ピンクのラインと赤紫のラインによる三角保合いは続いているようです。週足以上の長期的な目線を考えるには、この三角保合いのどちらかをブレイクしたときに評価したいと思います。

・週足バンドは緩やかな上向きか
・週足ボリンジャーバンドは今は参考程度に過ぎない
・週足レベルでは方向感がなさそう
・ピンクのチャネル上限ラインではね返された可能性も
・ピンクと赤紫のラインによる三角保合い継続中か
・上目線は中断、反転下落の想定準備を



~ドル円日足~


10:38 2018/09/01記載

   日足を見ると、バンドの形はヨコヨコが続いています。29日日足で再び一気に日足+2σ付近まで上昇しました。しかし、30日日足が29日日足の大陽線を全否定するような大陰線をつけています。日足+2σやピンクの上限ラインではね返された印象です。31日日足も30日の流れを引き続くかのような印象でしたが、結局下ヒゲの長く実体の短い陽線となりました。これにより25日平均線で守られたようにも見えますが、これまでの実体の長い日足が続いたことから、25本平均線ではね返されたと考えるのは難しいのかもしれません。週明け(9月3日日足)で25本平均線を上抜けるようでなければ、日足-2σを目指すイメージで考えたいと思います。

   日足レベルで30日に大きく下落してしまったことから、ショートのポイントはあまり考えられません。ショートのポイントはもう少し短い足で探すことになりそうです。もし、週明け(9月3日)に日足-2σ付近を目指すような大きな下落をするようであれば、逆張りでロングも興味深いです。しかし、そこまで大きな下落をするようであれば、30日からのローソク足の印象から、一気に下落することも考えられるため、ロングするなら本当に時間足単位の短い保有期間のトレードになると思います。


・日足バンドはヨコヨコか
・29日の陽線を否定するような30日の陰線で流れが変わったよう
・日足+2σおよびピンクのチャネル上限ラインではね返された印象
・下目線で日足-2σを目指すイメージ
・日足-2σ付近でロングも興味深いが、するなら時間足単位の短いトレードで


~ドル円4時間足~


20:35 2018/09/04記載

   4時間足を見ると、バンドはヨコヨコが継続しているようです。8月31日22時の足が4時間足-2σではね返されてから一気に上昇し、4日14時の足で25本平均線をしっかり上抜けています。このまま、4時間足+2σを目指すように見えました。ただ、バンドがヨコヨコであると考えるなら、±2σのラリーになる可能性を考えて、逆張りショートを考えたいところです。しかし、8月29日22時足高値(111.82円)更新は注意したいところです。21日10時安値(109.77円)~29日22時高値によるフィボナッチを考えると、31日14時足安値(110.68円)が50%~61.8%付近に位置しています。もし、29日22時高値を更新するのであれば、N字型上昇によるトレンドになる可能性が否定できません。その上、ピンクのチャネル上限ラインを上抜ける可能性も十分あります。そうなるようであれば、ショートは様子を見たいです。111円後半の反応はその意味でも注目したいです。

・4時間足バンドはヨコヨコ
・4時間足±2σのラリーの可能性も
・4時間足+2σ付近で逆張りショートを検討したい
・29日22時足高値更新するならショートは様子見
・111円後半の反応は注目したい



~ドル円30分足~


21:18 2018/09/05更新

   4時間足+2σ付近に到達しました。そして、4時間足の29日22時足高値を更新するか否かのようです。ここでお試しショートをしても本格的なショートはまだ早いようにも思います。本格的に下目線に転換するためには、もう少し短い足で考える必要がありそうです。さらに短い足の30分足を見ると、きれいな右肩上がりのチャートのように見えます。これではまだショートをするのは難しそうに見えます。30分足の目線を下に考えるのであれば、自分としては、5日15:30の足安値(111.40円)を下に更新する必要があるように思います。しかし、下に抜けたからと言ってすぐに飛びつくのはまだ早いかと思います。下落しても再び戻ると思いますので、戻りの上昇を確認したいと思います。現時点では直近高値になる19:30の足高値(111.64円)を更新せずに、再び下落するのであれば、本格的に下目線を考え、ここで本格的にショートしたいと思います。

   もし、111.40円を下に更新せずに再び上昇し、29日22時足高値を更新するようであれば、この30分足のイメージは破棄し、様子を見たいと思います。

・4時間足+2σ付近に到達
・4時間足29日22時足高値を更新するか否か
~ここからは高値更新失敗を前提~
・111.40円を下に更新するなら30分足上目線は中断
・111.64円を上に更新できずに再び下落するようであれば4時間足のイメージ通りにショートしたい


~ドル円のポイント~

20:42 2018/09/04記載

111.8円を更新しないのを確認しつつ逆張りショートを検討か

・月足+1σ付近(参考113.8円付近)
  月足レベルのレンジ上限か
・111.8円付近
  29日22時足高値、更新するならショートは様子見
・4時間足+2σ付近(参考111.5-9円)
  逆張りショートを検討
・月足5月平均線付近(参考110.7円付近)
  月足レベルの売り買い分岐点か
・日足-2σ付近(参考110.1-4円付近)
  逆張りロングも興味深い

  
~その他のチャートから~

米10年債利回り:https://jp.tradingview.com/chart/TNX/i3QCTWGp/
・月足+1σを実体で下抜けるまでは上昇トレンド継続中
・週足バンドはヨコヨコ
・週足-2σを目指すようなら、三尊天井確定の可能性も
・日足バンドがヨコヨコから下向きに変わりつつある
・日足25日平均線~-2σのラリーか
・アメリカ発のニュースに警戒を
・三尊天井確定から下落した場合、株価指数の下落も連れて、ドル円暴落の可能性も
ダウ30:https://jp.tradingview.com/chart/US30/My9gkE1b/
・月足+1σ~+2σのラリー継続、+1σの下抜けには要注意
・今週は26000ドルを定着できるか否かが大きなポイント
・週足+2σ付近、日足+2σ付近、黄緑のチャネル上限付近であることから、26000ドルを上抜けるのは少し難しそうにも?
・26000ドルの上抜け失敗したとしても上昇トレンドを崩すのは簡単でなさそう
・ニュースを伴ったダウ30の急落はドル円下落に過敏に反応しそうなので要注意
日経225:https://jp.tradingview.com/chart/JPN225/EyTkgrHG/
・月足は+1σではりついているか?
・週足±1σでラリー
・23000円の壁は相当なポイント
・23000円を上抜けるなら日足上向きバンドウォーク、週足+1σ~+2σのラリーの展開か?
・23000円ではね返されるなら日足±2σのラリーか?日足+1σ付近を一応注目
・23000円を上抜けるなら、ドル円は下落しにくい程度の影響かと…
JA 日本語
EN English
EN English (UK)
EN English (IN)
DE Deutsch
FR Français
ES Español
IT Italiano
PL Polski
SV Svenska
TR Türkçe
RU Русский
PT Português
ID Bahasa Indonesia
MS Bahasa Melayu
TH ภาษาไทย
VI Tiếng Việt
KO 한국어
ZH 简体中文
ZH 繁體中文
AR العربية
HE עברית
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートライブラリ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ヘルプ & Wiki ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い マイサポートチケット サポートにコンタクト 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト