IGNICA

20210607-0611 USD/JPY シナリオ

OANDA:USDJPY   米ドル/円
来週からのシナリオを組み立てていきたいと思います
週足レベルでは上昇トレンド継続中の中,日足レベルでも安値を切り上げ,高値を更新することで上昇トレンド継続中
ただし,高値は前回週足レベル高値付近まで到達しており,高値際からは次の週足,日足レベル高値切り下げポイントを形成するように売りが入ってきやすい相場環境であることを意識しておく必要があります
4Hレベルでは安値切り上げから短期的な上昇に繋がりましたが週終わりに高値切り下げなき安値更新からトレンドを崩している状況にあります
ここから買いを検討するのであれば現状では4Hレベルでトレンドを崩してしまっているため,買っていくのであれば次のように再度安値切り上げポイントを作ってくるように日足レベルでサポートを受け,上昇中の1DSMAに迎えられるように水平もしくは上昇中の4HSMAをうわ抜けてくるようであればトレード足レベルにおいてダブルボトム等明確に反転してきたポイントにおいて直近安値直下にLCを設定し,買いを検討できる局面が生まれてくるのではないかと考えています
ただしその際,週足レベルでは高値圏到達,日足レベルでもわずかに高値を更新してますがほぼダブルトップから売りが入ってきやすい状況から次は高値を切り下げてくるシナリオも十分考えられますのでそういったリスクを考慮したトレードを組み立てていきたいと考えています
また逆にここから売りを検討するのであれば現状では日足レベル安値際まで戻してきていますので再度4Hレベル高値切り下げポイントを形成するように戻してきている中,下抜けた4HSMAが迎えに来るポイントにおいてトレード足レベルにおいてダブルトップ等明確に反転してくるようであれば売りを検討できる局面が生まれてくるのではないかと考えています
ただしその際,日足レベル安値でサポートされてくると先程買いシナリオで見ていたように次は安値切り上げポイントを形成するように反転してくるリスクが考えられますのでできるだけ上位足の高値際からの反転を掴むことを意識し,難しいようであれば見送る判断も必要かと考えています
また,難しい値動きに繋がり,リスクが高いようであれば一度日足レベルのサポートを明確に割り,4Hレベル高値を形成してきたポイントにおいて売りを検討してもよいかと考えています