NYSE:YETI   YETI Holdings, Inc
1.窓開け大きく下落後、上昇して引ける。平均の3倍の出来高。翌日に出来高増の陽線。
2.数日大きく下落、支持され上昇に転じる。
3.決算日に高値から大きく売られ、その後も数日売られる。
4.安値付近で2日大きな陽線。高値で大陰線後に大陽線。その後出来高が減少。
5.高値でまた大陰線。
6.高値付近で陰線、出来高は減少。

1.大きく下げたが機関の買い集めにも見える。
2.下落が続き安値付近で機関の買い。
3.大きく下落したが、上髭がでて買いもあったように見える。
4.高値付近では売り圧力があるが、下落後に買いがしっかりと入る。出来高が減少してきている。
5.売り圧力がまだある。
6.陰線はでてるが出来高が減少。売り圧力が弱まった。

いろんな視点からの話が聞きたいです😁
※短い文にするため言葉がおかしくなってる可能性があります。
※縦点線は買いポイント。
※白い縦線は機関の買い予想。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。