masao_shindo
教育

長期の中間波動が終わるとトレンドになり易い!?

TSE:2801   キッコーマン
(2801)キッコーマン 週足チャート

移動平均線大循環分析で見ると、直近の値動きは第1ステージの上昇期となっています。
ここからの展開をどう考えればよいでしょう。

2018年に高値を付けてから、2019年の前半にかけては下落していました。
そして、そこからは切り返しています。
この場合の考え方は三つです。

1、下降トレンドになった相場が一時的に切り返している。
2、中間波動に入っている
3、調整が終わり上昇トレンドが再開している

上記のように書くと難しく感じるでしょう。

2018年の高値を更新すれば、上昇トレンド再開
2019年の安値を更新すれば、下降トレンドに転換
どちらも更新出来なければ、中間波動

こう考えると大局相場のを俯瞰的に考えることができます。

そういう意味では、2015年から2017年にかけての中間波動からの上放れは気持ちの良い動きですね。
中間波動が2年も3年も続いている銘柄って、やはり、動き出すとトレンドになり易いなと感じますよね。

さて、ここからの動きがどうなるか注目ですね。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

コメント

わかりやすいご教授ありがとうございます!
最近だんだんと俯瞰的にチャートを見る大切さがわかってきました!!
これからもよろしくお願いします!!
返信
@maaaaasa, さん

俯瞰することの大切さが伝わってよかったです。
こちらこそよろしくお願い致します。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト