masao_shindo
教育

水平線を引こう ~変化の兆しを捉える~

TSE:4971   メック
(4971)メック 日足チャート

銘柄に関係なく、チャートから変化の兆しを感じ取るには、チャートの変化に気づかなくてはいけません。
その中の一つに水平線があります。

今まで何度も「トレンドラインを引こう」シリーズでラインを引いてきましたが、今回は水平線に焦点を当ててみようと思います。

下降トレンドが続いていましたが、もみ合い相場に移行してきました。
移動平均線大循環分析でみると帯が細くなり横ばいになっていているところからも分かります。
また、大循環MACDでもMACD3(帯MACD)が小さくなっていますね。

そして、価格が横ばいになる前の高値と安値のところに水平線を引きます。

そこから価格が上下どちらに抜けてるかを確認します。
上抜けとなるのであれば、二番底を付けて上の赤い線の水平線(高値)を超えてきます。
さらに、赤い点線の水平線を超えてくると信ぴょう性が更に高くなります。

下抜けとなれば、現在のもみ合いが中段保ち合いという見方になりますので、ここから更に下降トレンドが継続していきます。
赤い線の水平線(安値)を割ってきたときはその可能性が高くなります。

このようにトレンドラインだけでなく、水平線を引くことでチャートの変化を捉えることができます。

水平線を挟んでサポレジ転換(サポートとレジスタンスが転換するところ)が起きることも多いので、
水平線も大事にしてどんどん引いていきましょう。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp
もみ合い放れの仕掛けは高値・安値を明確に放れたとき。兆しをみつけてマウスに手を乗せてその瞬間に備える。いいヒントをお教えくださいました。水平線を斜めにしたライジングウエッジ(ミニトレンドライン)やフォーリンウエッジも兆しになりそうに思います。本件と少し離れますが、月足でステージ2、週足でステージが4から6になり、日足はステージ1の時に、日足でトレードしている時は、ステージの判断は日足のステージ1でよろしいか。合わせてお伺いします。re凡
返信
@Henry-T, さん

コメントありがとうございます。
ウェッジも兆しになりますね。
日足でトレードしているときは日足のステージに合わせましょう。
ただ、週足が4から6ということは、週足ではトレンド転換の可能性がありますので、
日足でもトレンド転換狙いであれば、ステージが1よりは一歩早い第6ステージで仕掛けでMACD3本が右肩上がりのところを狙うのが良いかもしれませんね。
宜しくお願い致します。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト