masao_shindo

トレンドラインを引こう ~チャート上からヒントを探る~

教育
TSE:6754   アンリツ
(6754)アンリツ 週足

移動平均線大循環分析でチャートを見ると、第1ステージの安定上昇期となっています。

トレンドラインを沢山引くと、その時、その時に大きなヒントを与えてくれることもありますね。
2016年から2017年に向けての下向きのトラアイングルなんかは「素晴らしい」の一言です。
トライアングルを上放れてからは、そこから一気に急騰しました。

下値と上値にトレンドラインを引くと価格の動きがだんだんと大きくなっていってるのが分かります。

そこから直近の動きにも補助線(点線ところ)を何本か入れました。
これらの補助線はあくまでも補助線ですので、そこが大きく意識される価格帯ということではありません。
ただ、線が引けるということは、それなりにポイントとなるかもしれないということです。

今年の値動きを見ると非常に興味深いチャートになっているのが分かります。
それがどこかというと、今年3月に高値を更新してからの値動きのところです。
なぜ興味深いかというと、このときの高値更新がこれからの長期上昇トレンドへ向けた号砲なのか、
それとも、「5G」関連銘柄が物色されて出来た一過性の高値なのかが、ここからの動きではっきりとしてくるからです。

上昇するのか、下降するのかは分かりませんが、注目して見ていきましょう。
長年のチャート分析と研究検証を重ねて生み出された
「shindo_linebreak」インジケータ付き
博士のラインブレイクトレード詳細はこちらから
https://saipon.jp/h/linebreaktrade/

コメント

トレンドラインご指導ありがとうございます!!
2019.7.16と9.9と12.2の3点で下髭を結んだ線で、この近辺でチャネルラインが引けるかと思いましたが、これは強引でしょうか??
細かいことですが、”補助線”の位置づけというのは大きなトレンドに対してその中にある小さなトレンド(フラクタル)という意味でしょうか?
ご教授いただければ幸栄です!!
+1 返信
@maaaaasa, さん

コメントありがとうございます。
確かにチャネルラインも引けそうですね。
良い発想で素晴らしいですね。私は補助線を沢山引いて、もしかすると将来のトレンドやチャネルになるかもしれないという目線で色々と補助線も入れています。
チャートの中にフラクタルが見えてくると、チャート分析に深みが出てきますね。
返信
maaaaasa masao_shindo
@masao_shindo, さん
ご教授ありがとうございます!!
補助線とはそういう意味なんですね!!
よくわかりました。
僕も補助線をいろいろ入れておこうと思います!!!
返信
@maaaaasa, さん

コメントありがとうございます。
色々と試してみましょう!
返信
いつも勉強になる記事をありがとうございます m(__)m
神藤さんのご提示くださった週足での大きな流れの見方、トレンドラインから様々な視点を学び取りたいと思います
(アンリツは2017年9月から追っている銘柄なので取り上げていただけて大変ありがたく m(__)m)
返信
masao_shindo usagidomburi
@usagidomburi, さん

こちらこそ、皆さんのコメントが励みになっております。
コメントありがとうございます。
返信
大局と直近の流れの観察を忘れないようにします。
いつも有難うございます。
返信
@k-mak, さん

コメントありがとうございます。
大局と小局の両面を見ることが大事ですよね。
こちらこそ、ありがとうございます。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター プライベートメッセージ チャット サインアウト