masao_shindo

中間波動の終わりを狙え!

ロング
TSE:8001   伊藤忠商事
(8001)伊藤忠商事 日足

このチャートの特徴は200日EMAがずっと右肩上がりであるということです。

200日EMAと価格の関係と中間波動について解説します。

200日EMAは長期のトレンドの方向性を示していますので、その傾きが非常に重要となります。

200日EMAが右肩上がりの時は、長期上昇トレンドとなります。

200日EMAが右肩下がりの時は、長期下降トレンドとなります。

200日EMAが横ばいの時は、長期の中間波動(トレンドが無い状態)となります。

200日EMAが右肩上がりの時でも、第1ステージの上昇期、第4ステージの下降期、それらが交錯する中間波動のときがあります。

200日EMAが右肩上がりの時は第1ステージの上昇期では大きなトレンドが出易い期間です。

また、下降期の第4ステージとなっても200日EMAでサポートされることがそれなりにあります。

さらには、中間波動になった時は、上に放れるケースがやや多くなります。

このように、200日EMAと価格を見ると、相場がどちらに行きたがっているかを感じ取ることが出来るようになります。

チャートは行きたがっている方向に行こうとするのです。(もしかしたら、この意味は伝わり難いかもですが・・・)

最後に、中間波動が終わりを迎えるとトレンド相場になりやすいことも理解ておきましょう。

そして、そのサインは中間波動の時の高値、安値更新となりますが、更新するときのローソク足の実体もポイントとなります。

ヒゲでちょっと更新するだけだとダマシが多くなります。

明確にブレイク(高値や安値を更新すること)することがポイントとなります。

覚えておきましょう。

「ラインブレイクトレード」
公式インジケーター(ライト版)を無料プレゼント。申し込みは下記から
https://info.kijik.co.jp/sd/op/linebreak_light/?tradingview
ラインブレイクPRO版
博士のラインブレイクトレード!
https://info.kijik.co.jp/sd/sl/linebreak-trade/

神藤将男の公式LINE。
お得な情報を最速でお届け!
https://info.kijik.co.jp/sd/line/
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。