masao_shindo

トレンド転換の動き ~変化を常に意識する~

教育
TSE:8698   マネックスグループ
(8698)マネックスグループ 週足

チャートを見ていると、様々な変化が起こります。

その変化がどういった変化なのか、何を予兆しているのかを感じて、トレードでのポジションを調整していきます。

前回は200日EMAとローソク足の関係を見ました。

トレンド転換する時のローソク足の変化を捉えることで、売りの時代から買いの時代にポジションをシフトすることができました。

今回は、トレンドラインやチャネルラインを引いて、そこから変化を感じていきましょう。

トレンドラインは高値と高値を結んだ線や安値と安値を結んだトレンドを確認するためのラインとなります。

チャネルラインはそのトレンドラインに変更なラインを引き、そのトレンドのノイズや勢いを見ていきます。

ノイズとは、上昇するにしても一本調子で上がらずに、小さく上がったり下がったりしながらトレンドを形成します。

その上げ下げの幅のことをノイズと言います。

2018年から2020年3月までは綺麗な下降相場となっていました。

トレンドラインを引くと、そこを上放れてからトレンド転換に向かって動いたのが分かります。

次に2020年3月からはチャネルラインを上放れてから勢いが付いたのが分かります。

このように、チャート上にラインを引くことでどういった変化が起きたのかが見えてきます。

仮想通貨の上昇に伴って好決算だったことも急上昇要因だと思いますが、次にどのような変化が起きるのかを見極めてきましょう。

神藤ラインでトレンドの初動をつかむ!
https://bit.ly/2WcnVQ1%E2%80%8B