masao_shindo
教育

見極めが難しい「スパイクトップ/ボトム」

TSE:9041   近鉄グループホールディングス
(9041)近畿グループホールディングス 日足

テクニカル分析には様々な分析手法があります。

その中で「パターン分析」という手法があります。

色々なチャート形状によって、トレンドが継続するパターンなのか、トレンドが転換するパターンなのかを見極める分析法です。

その中に「スパイク」というのがあります。

「V字」型の形状で、天井圏や底値圏に出てきたときはトレンド転換の暗示となります。

ただ、形状はシンプルで分化り易いのですが、

気が付けば大きく下落していたとか、大きく上昇していたということがあるのが、このパターンとなります。

ヒントとしては長いヒゲがピークの時に付けたり、反転のときに大きな陰線や大きな陽線が出てきたりしますの注目となります。

チャート上の赤い色と青い色の丸印のところがスパイクとなりますね。

パターン分析には、様々な形状がありますので、皆さんも調べてみてはいかがでしょう。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト