masao_shindo

ソフトバンクグループ トレンド転換となったのか・・・?

ロング
TSE:9984   ソフトバンクグループ
ソフトバンクグループ 日足チャート

移動平均線大循環分析で見ると、第1ステージの上昇期となっています。
移動平均線大循環分析であれば第1ステージの大きな窓開けのところが仕掛けになります。

大循環MACDでの仕掛けであれば、第6ステージでMACDの3本が右肩上がりのところですね。

大循環ストキャス(ストキャスティクス)の仕掛けは、ボトムゾーンの上抜けとところとなります。

それぞれ、メリット、デメリットがありますので、それぞれが何を意味しているかを理解しましょう。

移動平均線大循環分析はトレンドを狙います。
大循環MACDは移動平均線大循環分析の進化系です。
大循環ストキャス(ストキャスティクス)は逆張り系の短期トレード狙いです。

これらを上手く組み合わせてトレードすれば、チャンスが広がりますよね。

長年のチャート分析と研究検証を重ねて生み出された
「shindo_linebreak」インジケータ付き
博士のラインブレイクトレード詳細はこちらから
https://saipon.jp/h/linebreaktrade/
神藤ラインでトレンドの初動をつかむ!
https://bit.ly/2WcnVQ1%E2%80%8B

コメント

Shindo様、いつも有益な情報発信ありがとうございます。トレンド転換の指標としてSAR, Stop And Reverse (Parabolic)を見てドテン売買をする人も居ると聞いたことがあります。SARを使うトレードの有効性を検証されたことはございませんか?コメント頂ければ幸いです。
返信
正に教科書通りの仕掛けポイントですね。
返信