masao_shindo

ソフトバンクグループ トレンド転換となったのか・・・?

ロング
TSE:9984   ソフトバンクグループ
ソフトバンクグループ 日足チャート

移動平均線大循環分析で見ると、第1ステージの上昇期となっています。
移動平均線大循環分析であれば第1ステージの大きな窓開けのところが仕掛けになります。

大循環MACDでの仕掛けであれば、第6ステージでMACDの3本が右肩上がりのところですね。

大循環ストキャス(ストキャスティクス)の仕掛けは、ボトムゾーンの上抜けとところとなります。

それぞれ、メリット、デメリットがありますので、それぞれが何を意味しているかを理解しましょう。

移動平均線大循環分析はトレンドを狙います。
大循環MACDは移動平均線大循環分析の進化系です。
大循環ストキャス(ストキャスティクス)は逆張り系の短期トレード狙いです。

これらを上手く組み合わせてトレードすれば、チャンスが広がりますよね。


「ラインブレイクトレード」
公式インジケーター(ライト版)を無料プレゼント。申し込みは下記から
https://info.kijik.co.jp/sd/op/linebreak_light/?tradingview
ラインブレイクPRO版
博士のラインブレイクトレード!
https://info.kijik.co.jp/sd/sl/linebreak-trade/

神藤将男の公式LINE。
お得な情報を最速でお届け!
https://info.kijik.co.jp/sd/line/
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。