masao_shindo

私のアイデア投稿をコンプリートした方からのリクエスト

教育
NYSE:BA   Boeing Company (The)
(BA)ボーイング

先日、私のアイデア投稿を読破してコンプリートしましたという、嬉しいコメントをいただきました。

そこで、記念に分析してほしい銘柄を伺うと、(BA)ボーイングを希望ということで現状分析をしてみようと思います。

私のアイデア投稿をコンプリートしたという方で、希望銘柄があればご連絡ください。

もし、多くの方からご連絡をいただいた場合は、ご希望に添えない可能性もありますので、その時はご了承ください。

では、まず月足チャートをみてみましょう。

2019年まではしっかりとした上昇を見せていましたが、「ダイヤモンドフォーメーション」のような形状から反落しました。

形は綺麗ではありませんが、高値を付けるまでの過程が高値切り上がり、安値切り下がりとなっています。

その後は安値切り下がり、高値切り上がりとなっています。

これで見ると、コロナショック前から力強さが無くなっていたのが分かります。

次に週足チャートをみてみましょう。

下降帯の抵抗を受けているようであり、下値支持線を1本引きましたが、割るかどうかの分岐点となっています。

最後に日足チャートをみてみましょう。

トライアングルが二つあります。

この二つの意味合いは全く違います。

最初のウェッジはトレンド継続のパターンですので、どちらかというとやや上抜けしやすいパターンで、その方向に動きました。

次のアセンディングトライアングルは、どちらかというとやや下に抜けやすいパターンです。

もちろん、上に抜けることもありますので、決め付けは厳禁となりますが、注意したいチャート形状です。

このチャートから見えてくるのは、月足からは天井打ち、週足からは安値からの切り返しが入っています。

日足からは、下抜けに注意が必要な形状。もし、上抜けの場合は大局が下降から上昇に転換の可能性が出てきます。

下抜けた場合は、一番の安値を割って下降の流れが続くのか、それとも、2020年5月が2番底でそこまでも下がらないのかを見極めなければいけません。

チャートの変化を慎重に見ていきましょう。

私の「ラインブレイクトレード」
公式インジケーター(ライト版)を無料プレゼントです。申し込みは下記からどうぞ!
https://info.kijik.co.jp/sd/op/linebreak_light/?tradingview

神藤ラインでトレンドの初動をつかむ!
https://bit.ly/2WcnVQ1%E2%80%8B