AKUBI_FACTORY
教育

4大仮想通貨はシンクロしているのか? ー『ライトコインに見る男気』と『空気を読めないリップル』の話」

CRYPTOCAP:BTC   Market Cap BTC, $ (CALCULATED BY TRADINGVIEW)
4月2日以降ビットコインが暴騰しましたが、他の上位通貨も同様に上げました。
4大通貨です。
つまり、ビットコイン、リップル、イーサリアム、ライトコインです。

これらの通貨は、申し合わせたようにビットコインと連動していたと見られていますが、
実際のところはどうだったのでしょうか。

確かに、大きな時間軸で見ると4大通貨は見事に連動しているように見えますが…

1分足で見ると、
イーサリアムはビットコインの動きに忠実で、
要所でライトコインが相場を動きを先行し、

リップルはというと、
連動を拒否するかのような勝手な動きをしていました。

(もしかすると空気が読めないのかもしれません笑)

まず、4月1日
相場の暴騰は4月2日ですが、
実は暴騰スタートの合図は4月1日、4通貨同時に行われました。
このようにです。



息を揃えたかのように、同じ動きをしています。

しかし、フライングしたのはリップルでした( ´ ▽ ` )ノ

黒の線グラフがリップル(XRP)です。

4月2日10:23

上位通貨がビットコインの合図を待つ中、
抜き足差し足忍び足。リップルだけ上げはじめたのです。



強調性のかけらもありません。
これが、リップルの本性です( ´ ▽ ` )ノ

しかし、13:24
ビットコインが上昇の合図を出すと、リップルはあっという間に追い抜かされ、
ライトコインが相場を牽引しはじめます。

その後もリップルは、単独行動が目立ちました。
遠目から見れば同じ動きですが、ミクロで見ると、明らかに団体行動を嫌がっています。

4月4日、4月5日の局面の4通貨の動きです。
局面意外は、全く協調性がありません( ´ ▽ ` )ノ

黒の線グラフがリップル(XRP)です。



協調性ゼロ。これがリップルの本性です。

4月6日 …局面では揃えてきましたが、まったく協調性がありません( ´ ▽ ` )ノ

黒の線グラフがリップル(XRP)です。



4月7日 もう無理です。リップルの限界( ´ ▽ ` )ノ

黒の線グラフがリップル(XRP)です。







微妙に数分ずれるリップルさん( ´ ▽ ` )ノ

しまいには単独行動( ´ ▽ ` )ノ

黒の線グラフがリップル(XRP)です。



こんな感じでした!

というわけで、4月の仮想通貨のリターン劇。

大きな時間足で見れば、
このように4大通貨は要所要所で足並みを揃えているかのように見えます。



赤い縦線:完全に4大通貨がシンクロ
黒い縦線:リップルの単独行動
緑の縦線:リップルだけ微妙にずれる
橙の縦線:ビットコインが相場を牽引
青の縦線:ライトコインが相場を牽引

しかし、ミクロで見ると
リップルが
いかに4大仮想通貨の中でもわが道を行く通貨であるか

お分かりいただけたのではないでしょうか。

では、今後トレーダーはリップルとどのように付き合っていけばいいのか?

それは、また近いうちにアイデアをアップしたいと思います。

それでは、また!
トレーディングビューを使いこなす。
チャート分析のキホンのキから知りたい。
アクビ式チャート教室第1期まもなく募集開始
https://www.akubi.co.uk/welcome
合理的な分析! EOSはどうですか?
Reasonable analysis! How about EOS?
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト