Magellan_EXP

超シンプルなチャートで分析・トレード!!心理的な調整期間が続きそう。

BITFLYER:BTCJPY   ビットコイン/日本円
ビットコインは、4/14の史上最高値からの下落幅が
50%を越える大暴落となりました。

その後は、大暴落の後によく見られる、
大きく反発、大きく下げを繰り返す、振幅の大きな相場になっています。

このような上下を繰り返しながら、次第に落ち着いた動きになっていくと思われます。
ただ、その「落ち着いた動き」が、上昇になっていくのかは、まだわかりません。

暴落で損失被った投資家の心理的・金銭的な傷が回復して
失意の中から立ち上がって、再度、
買い上がって行く意欲が出るまでは時間的な調整が必要ですので。

また、今回、50%の暴落幅で止まっていますが、
ここまでで売りが十分に出尽くしていないならば、
前回、前々回の規模の暴落になることも考えられます。

その場合、どうなるか?というわけで、
週足のチャートには、過去の2回の大暴落の時と同じ角度で
70%の暴落があった場合の動きを想定してみました。

過去にそういうことがあったことを考えてみると、
「現在の下げ幅はまだ足りない」
「まだまだ下げるかもしれないから、買うのは待ってみよう」
「買って見るけど、少し反発したらすぐ利益確定しよう」
と考える人が多いかもしれないです。

しかし、
過去のの大暴落クラス、85%、70%の大暴落にまで発展すれば、
バーゲンハンティング的に買いたい人が増えてくると思いますので、
再度の上昇は十分に考えられるところです。

ただし、史上最高価格を更新にまで上昇するには、
相当長期間の時間を要するとみています。

また、ファンダメンタルズ的に弱気な材料も出てきていますので、
(米国や、中国での規制の強化など)
不安定な相場は長期間続くのではないかと見ています。

明るい材料が出るとすれば、米国でのビットコインETFの認可です。


私は、300万円、200万円では、リバランスを実施しようと思います。

―――――

週足、日足ともに、ログスケール(対数目盛)のチャートです。
変動率が非常に大きなビットコインのチャートは、
ログスケールのほうが分かりやすく分析もしやすいです。

*ビットコインについては毎週金曜日に投稿しています。
初の著書 発売開始となりました。
エンタープライズ®トレード・ブック
https://www.eagle-fly.com/fp/efmz/

エン・スパ2021年冬号掲載
https://tinyurl.com/y35agwsq

「イーグルフライ」で解説中です。
リアルインテリジェンス
https://real-int.jp/

イーグルフライ
https://www.eagle-fly.com/mm/

ツイッター
https://twitter.com/ExpMagellan

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー アバウト チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター