COINTOKYO

ビットコイン(BTC)は上値を連日更新する値動きに、今後価格は上昇を続けるのか?-5月9日チャート分析

BITFINEX:BTCJPY   ビットコイン/日本円
仮想通貨ビットコイン(BTC)は上昇ウェッジを形成、今後も上値を更新し続けるのか?

BTC/JPYの4時間足チャートを見ていきます。5月3日以降、64万5千円台をレジスタンスラインとしたBTCは5月7日には66万円台、更に本日5月9日には66万9千円台まで上値を伸ばす値動きを見せています。

連日上値を更新する値動きを見せているBTCは現在上昇ウェッジのパターンを京成しています。今後BTCが上昇ウェッジのラインに沿って値動きを続けるのか注目です。また上昇ウェッジは最終的に強い反転を起こしやすいサインでもあります。

そのため今後の値動きの中で特に注意したいポイントとして、4月30日以降から形成される上昇トレンドラインのブレイクに気を付けましょう。上昇トレンドラインのブレイクはサポートラインのブレイクと同時に上昇ウェッジのブレイクにもなるため、大きい下落を起こす可能性もあるため警戒しましょう。

BTC/JPYの日足チャートを見ていきます。5月3日以降から形成されたレンジ相場から再び上昇チャートへ切り替えているBTCですが、日足チャートでのMACDでは4月中旬よりMACD線のベクトルが下向きになっており、現在BTCチャートではダイバージェンスを発生している状況と言えます。

ダイバージェンスの発生はそれまで発生していたトレンドが終わるタイミングに発生しやすいシグナルです。今後BTCがダイバージェンスを否定するにはMACD線が4月10日の位置を超える必要があります。

BTC/JPYの週足チャートを見ていきます。本日5月9日まで上昇チャートを形成しているBTCは、厚い一目均衡表の雲への接触が近づいてきました。更に現在上値である66万9千円台は既に2018年に長くに渡ってサポートラインとして機能していた価格帯近辺です。そのため今後のBTC市場にとって、非常に力強いレジスタンスラインへとロールリバーサルされる可能性もあるため注意が必要です。

現在上昇チャートを形成しながらも、下降チャートの可能性を高める多くの要因が発生している状況のため、強気相場ながらも警戒はしておいた方が良いでしょう。今後継続した強気相場が意識できる要因として、日足チャートでのMACD線上昇によるダイバージェンス否定が考えられるでしょう。
コイン東京―仮想通貨ニュースと速報
https://cointyo.jp/
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト