COINTOKYO

ビットコイン(BTC)の下降は続き遂100万円台へ接触、ビットコインの今後を価格チャートから分析【2019/7/17】

BITFLYER:BTCJPY   ビットコイン/日本円
下降チャートを続けるビットコイン( BTC )は100万円台を下回ることになるのか?
BTC /JPYの日足チャートを分析していきます。7月10日に一時上値を142万円台まで伸ばしたビットコイン( BTC )でしたがその後下降チャートを形成しています。下降チャートの中、7月15日に反発の値動きも見せたビットコイン( BTC )でしたが、直前のレンジ相場サポートラインであり、20日移動平均線が推移する価格帯で上昇は抑えられる形となり、7月16日には再び大陰線を形成することになりました。

本日7月17日のビットコイン( BTC )は遂に大台である100万円台に接触しています。現在のビットコイン( BTC )相場にとって、100万円台は大台であり、一目均衡表の雲、長期足移動平均線である75日移動平均線が推移する価格帯です。テクニカル指標上強力なサポートラインとして機能する100万円台からビットコイン( BTC )は再び反発の値動きを見せるのか注目です。

【ここがポイント】ビットコイン( BTC )/JPYの価格チャートの見方

大台である100万円台へ接触したビットコイン( BTC )は注文比率チャートも合わせて見た場合、徐々に買い注文量を溜め始めていることがわかります。

今後注目するポイントとしてビットコイン( BTC )が100万円台を割ることになるのか注目です。6月の100万円台突破から本日までの27日移動平均線に対してローソク足は既に大きく下回っており、100万円台突破と共に買われたビットコイン( BTC )は既に含み損となっていることがわかります。

その中でテクニカル上でも強力なサポートラインとなり、再び買い注文も溜まり始めているビットコイン( BTC )が100万円台を大きく下回ることになってしまう場合、含み損を抱えている中期取引目的の取引者はビットコイン( BTC )を手放す可能性もあり、結果更なる下降チャートを形成してしまう可能性もあるでしょう。

今後のビットコイン価格チャートの予想される動き

現在底堅いサポートラインとなる価格帯で推移しているビットコイン( BTC )は新規買い注文が溜まりやすい相場へと移行しています。そのため今後のビットコイン( BTC )は短期的には上昇チャートを形成する可能性が高いと言えるのではないでしょうか。
しかし現在の価格帯から大陰線を形成してしまう場合、多くの取引者にとって損切りを強いられる形となり、相場は更に弱気相場へ傾くことになります。

今後注目!ポイントのビットコイン相場価格

本日7月17日に注目するポイントは大台である100万円台で強い反発を見せることが出来るのかという点です。100万円台ブレイクはもちろん、100万円台をサポートラインとするレンジ相場を形成する場合も、ビットコイン( BTC )下落に対する警戒は更に高まることになり、弱気相場への展開が予測されることになります。

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト