COINTOKYO

ビットコイン(BTC)は節目近辺で張り付いた値動きを続ける、今後価格は節目を突破するのか?-4月21日チャート分析

BITFINEX:BTCJPY   ビットコイン/日本円
連日60万円台目前で張り付いた値動きを見せている仮想通貨ビットコイン(BTC)は節目突破出来るのか?

BTC/JPYの4時間足チャートを見ていきます。4月19日に陰線を形成し、一時58万3千円台まで反落したBTCはその後上昇チャートを継続し、4月20日以降節目である60万円台に張り付いた値動きを続けています。
本日4月21日も60万円台目前での値動きを続けているBTCはこのまま大きな下降チャートを形成せずに上値を伸ばしていけるのか注目です。

本日4月21日までの注文比率を見た場合、4月18日以降、買い注文・売り注文共に急増させていたBTCは流動性の高い市場が続いていましたが、4月20日には買い注文・売り注文共に大きく解消された動きが確認されています。その後の注文比率は大きな変動も見られておらず、4月18日以降の市場と比較して流動性の低い状況が続いています。

BTC/JPYの日足チャートを見ていきます。4月20日より連日60万円台目前の価格帯で張り付いた値動きを見せているBTC、今後直近高値である60万8千円台への到達を見せずに反落した場合、下降チャートへ移行するサインであるhead and shoulderのパターンも見え始めるため警戒が必要な場面です。

そんな中、BTC市場を日足チャートで見た場合、60万円台目前でのローソク足では十字足の形成も見え始めています。またMACDの視点から見た場合も、4月16日以降上昇チャートを継続しているBTCではありますが、MACD線のベクトルは下方へ傾いており、現在の上昇チャートが勢いのあるものではないということがわかります。

4月20日以降、買い・売り注文量共に大きく解消させているBTCは流動性も低いものと判断されやすく、現在の状況では節目である60万円台を突破するには少々勢いが足りない印象を受けます。

まずは現在の価格帯から反落を起こす際にしっかりと反発を見せ、しっかりとしたサポートラインが形成されるのか注目したいところです。BTCチャートにて短期的にでもしっかりとした足場が確認される場合、再び節目突破を試みる展開が見られるのではないでしょうか。

コイン東京―仮想通貨ニュースと速報
https://cointyo.jp/
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト