fxmaruchan

BTCUSD ビットコインは目先上昇継続。押しのタイミングが狙い目か [2018-02-16 金 12:52]

ロング
fxmaruchan アップデート済   
BITSTAMP:BTCUSD   ビットコイン/米ドル
2月16日(金)のBTCUSDのアップデートです。

BTCUSDに関しては先月から2つのアイデアを投稿していますので振り返っておきます。


まず1月15日(月)に、下記アイデアを投稿しました。
こちらは日足ベースの中期的な視点で、この視点は現在も継続です。

「BTCUSD ビットコインは目先引き続き下値を模索も上昇再開狙いか 」

のアイデアでは

・依然調整4波でさらなる下押しの可能性が高いこと
・しかしH&Sのターゲットへの到達はフェイルする可能性が高いこと
・それ故、H&Sフェイル後のネックライン超えがエントリーチャンス

といった事を示唆しました。


続く、1月30日(火)では、短期的なトライアングルを重視した短期的な視点を投稿しました。

「BTCUSD トライアングル出現。E地点確認後に一旦短期S。ただより複雑な調整波パターンも 」

この中では下記の内容を示唆しています。

・トライアングル形成でショート狙い
・中期的なロングエントリーはまだ先


その後大局的にほぼ想定通りの動きとなり
一旦6000のボトムを付けた後、H&Sターゲットを否定する動きとなり、
現在はH&Sのネックラインに近づいています。


今回は今後の動きの想定をチャートで描いてみました。

現状は6000のボトムからのリカバリが継続しており
それはもうしばらく続くだろうと考えています。

当面のターゲットとしては11500前後を想定しています。


その後は一旦の押しがあると思われ
押しの目処はPOCの8800前後と想定しています。
この押しのタイミングは狙い目になると考えています。
コメント: 日足のBB+2αにタッチ済み
コメント: 2月28日 17時
注文キャンセル: インパルスへの移行が見られないため一旦様子見へ。
トレードは手動で終了しました: ステータスを間違えたので修正。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。