ichiro-suzuki51

BTCUSD 5/1-5/5 4時間チャネル下限での攻防注目

COINBASE:BTCUSD   ビットコイン/米ドル
【環境認識】
〇日足(下目線)
・目線的には下目線
・3月下旬と4月上旬に、2月高値を上抜き、そのまま上昇かと思われたが、日足レベルの戻り売りポイント(5万ドル前後)で強い戻り売りが入った
・一方、ブル派としては、1+2月のWボトムをしっかり形成しての強い根拠のある上昇であり、長期的な目線での上昇を強く確信している勢力が一定数いることは明らか

〇4時間足(上無線)
・3月高値が1月の4Hラス戻り高値を上抜いたため、目線としては上目線でよいと思うが、戻りが深いため、フラットよりの上目線
・足元は、Wトップから1時間の下降チャネルに沿って下落した後、4時間レベルの上昇チャネル下限で反発し、1時間レベルでレンジになっている
・4時間チャネルを下抜き、下降フラッグが成立した場合、日足の下降波の勝利となり、3万ドル前後まで大きく下落する可能性がある
・このチャネル際の攻防が今後の値動きを占うものになる可能性が高い

【戦略】
・長期的には日足レベルの節目サポート買い
(下降フラッグ成立したら売り)
・中期的には4時間チャネルの下限サポートもしくは2、3月安値サポート買い
・短期的にはレンジ戦略
(値幅少ないため、非推奨)

 bear
 ・先週高値レジ
 ・2月高値レジ
 bull
 ・3月安値サポ
 ・2月安値サポ

【チャートの見方】
・4時間足に週足を表示
・緑水平線~今後1週間のトレーディングレンジ予想
・紫水平線~昨年高安、本年高安等
・赤水平線~先月高安
・赤矢印~週足、日足クラスの波予想
・黄矢印~4時間足クラスの波予想
・青矢印~1時間、15分足クラスの波予想
コメント: 日足