yukatin-man

ドル指数96ドルのサポートをキープするか

ショート
TVC:DXY   ドルインデックス
チャートは日足です。

月足レベルで引いた赤色の三角保合の上限付近にあり、現在緑色のフィボナッチリトレースメントの
50%のレベルである96ドルがサポートされています。

テクニカル分析だけで言うと、三角保合の上限が狭まってきており、上限タッチを目指すとすれば、97ドル付近が天井かなと思っています。
ここからのドルですが、3月のFOMCでの利上げが予想されており、それを織り込む形でドルは上昇してきました。
利上げまでは、順調にインフレ率が高止まりもしくは上昇し、雇用統計もいい数字が出続ければ、ここ1~2ヶ月くらいは
この天井圏をキープするんじゃないかなと思っています。

ただし、ドル円のアイデア投稿でも書きましたが、注意として現在オミクロン株の拡大でアメリカのコロナ感染者数が、
これまでで最も多かった2021年12月30日の59万人を超えて、108万人と過去最多を更新しました。
あまり大きなニュースになっていないような感じもするのですが、一応頭に入れておいた方がよさそうかなと思います。
もしも再度ロックダウンなどで失業率が上昇したり、経済が止まるようなことがあれば、
ボラティリティの高い展開にもなりえることも想定していた方がよさそうです。
(インフレ率は高止まりしているのに失業率は上がるなんて事態にならないことを祈ります。笑)

108万人の感染者数のうち95%がオミクロン株とのことなので、重傷者が少なくワクチン接種の促進での対処だけで事なきを得そうな雰囲気で、
予定通りの利上げが行われたら、セルザファクトの動き+テクニカル分析でみたドル売りで、3月以降くらいからはドル売りじゃないかなと思っています。