ドル指数 TVC:​DXY

 
     
 
     
 
始値
 
出来高
 
1日の値幅
  -  
1株あたりの純利益
 
時価総額
 
株価収益
 
1株あたり配当
 
本日人気のある
本日人気のある
いつも人気がある
最も新しい
チャートと動画
チャートと動画
チャート
動画

テクニカル分析サマリー

DXY

米ドルインデックスは、主要通貨バスケットに対するドルの強さを反映します。(DXY)は、元々、1973年に米国FRBによって、海外との二国間貿易取引に対しグローバル通貨に対する米ドル加重平均価値を提供するために開発されたものです。米ドルインデックスは、他の通貨と比較して米ドルが「強さ」(価値)を得ると上昇します。以下の6つの通貨が同インデックスを計算するのに使用されます: 
 
ユーロ(EUR) 57.6%のウェート 
日本円(JPY) 13.6%のウェート 
英ポンド(GBP) 11.9%のウェート 
カナダドル(CAD) 9.1%のウェート 
スウェーデンクローナ(SEK) 4.2%のウェート 
スイスフラン(CHF) 3.6%のウェート

関連銘柄

USDOLLAR
DOW JONES FXCM DOLLAR INDEX
 
   
DX1!
U.S. Dollar Index
 
   
USDEUR
米ドル / ユーロ
 
   
EURUSD
ユーロ / 米ドル
 
   
DX2!
U.S. Dollar Index
 
   

ニュース

fondiea fondiea DXY, 240, ショート ,
DXY: 【ウォッチアラート】大台95.00でダブルなダブルトップ
32 0 3
DXY, 240 ショート
【ウォッチアラート】大台95.00でダブルなダブルトップ

FXはやや大人しい動きが続きますが、ドルインデックス指数は面白い局面を迎えています。 95.00の大台で2つのダブルトップを形成しようかという動きです。 1つ目のダブルトップは、5/30頃の節と、現在形成中の節、 2つ目のダブルトップは、6/15頃に一度95.00をちょっと抜けて戻した節と、本日当たって下げてきた節 プライスアクションを使うスイングトレーダーと短期トレーダーのダブルトップ頂点売り願望が一致するところです。 とはいえ日足を見てわかる通り急騰⇒一服再度上げの部分であり、トレンドに対して逆張りなので、 限定的なリスクやるべきところだと思います。ストップを深くすると負けるときガッツリ持っていかれかねないところです。 ガッツリ持っていかれそうということは、ブレイクアウトのプレイヤーならロングを狙えそうなポイントで ...

reiji0000 reiji0000 DXY, 240, ショート ,
DXY: DXY20180303Long
112 0 2
DXY, 240 ショート
DXY20180303Long

https://jp.tradingview.com/x/gdj5on3G/ 週足では下落トレンド ただ、トレンド転換の兆しを示すRSIのダイバージェンス https://jp.tradingview.com/x/qFoUQRm1/ 日足ではダブルボトムのRSIダイバージェンスでこちらもトレンド転換の兆しを示す。 来週はドルインデックス上昇でユーロドルが落ちてくるかなぁ。

hrht_n hrht_n DXY, D,
DXY: ドルインデックス R-H&Sを形成か
206 0 5
DXY, D
ドルインデックス R-H&Sを形成か

今年に入りドル安の流れが続いていましたが、ドルインデックスはこのところは安値近辺での保ち合いとなっていました。 9月上旬につけた91付近の安値をトップにリバースヘッドアンドショルダーズ(ヘッドアンドショルダーズボトム)を形成となっています。 現在は、昨日のECB後からのユーロ安を受けドル高が進み、ネックラインを上抜ける形となっています。 R-H&Sからのターゲットとしては、97.25付近となり、この付近は過去の保ち合いゾーンと重なる位置となります。

yitiancai yitiancai DXY, D, ロング ,
DXY: 購入DXY:頭と肩の底を待つ
103 0 6
DXY, D ロング
購入DXY:頭と肩の底を待つ

あなたはチャートの2つの頭と肩を見ることができます。 フリストパターンについては、それはDXY 0.37%の最初のベアリッシュトレンドです。今、価格は低下チャネル外です、それは減少傾向がすでに変化していることを意味します! そしてMACDは0ゾーンの上にあります。頭と肩の底が形成されている(それはまだ形成されていません!)、USDの傾向は競争力が変わります! 94.23-94.50がポイントになります!

Guzura12345 Guzura12345 DXY, 60, ショート ,
DXY: ドルインデックスのカウントを更新してみました。
72 0 4
DXY, 60 ショート
ドルインデックスのカウントを更新してみました。

現在上昇5波を終えて、下降トレンドに入っているという想定。 すでにBをつけているとすると、最後のC波をつけるという流れ?

Guzura12345 Guzura12345 DXY, 60, ショート ,
DXY: USD indexをカウントしてみました。
68 0 3
DXY, 60 ショート
USD indexをカウントしてみました。

可能性として3波をつけ終わり、調整4波に入っている可能性も。

snep snep 1/USDJPY*DXY, D, ロング ,
1/USDJPY*DXY: 円高への調整に備えよ!?
440 0 6
1/USDJPY*DXY, D ロング
円高への調整に備えよ!?

円の強さを見る円チャートですが、 昨年のマイナス金利を全部戻しそうな勢いで、円安が進んできていました。 しかしながら、ここ2週間程度は短期的な底をうったような形状で、 今週になって、Wボトムが出来上がったように見えます。 ですので、しばらくは円高への圧力が強まるかもしれないと思いました。 シナリオは、大きく2つを考えています。 ①日足一目雲で押し返される ②前回の調整と同程度の深めの戻りを試す また、可能性は低いと思いますが、 今回の円高調整?が、調整ではなく、 再上昇へのきっかけになるかもしれないので、 円ショートのポジションには注意したいと思います。 エリオット的には、下降最終波(5波)があってもおかしくないでしょうか…? なお、図中のボックスは、すべて同じ大きさになっています。 面白い形が続くか、興味がありま ...

nekoJackpeople nekoJackpeople DXY, M,
DXY: ドルインデと日経
102 0 2
DXY, M
ドルインデと日経

Aパターンならそのまま円高・日経高 Bパターンなら円高_日経高のち下落後、円高・日経高

nekoJackpeople nekoJackpeople DXY, M,
DXY: ドルインデックス
134 0 1
DXY, M
ドルインデックス

チャートが1985年11月からのデータなので、天→底(81か月)の対等数値は× 一方、底→天(107か月)の対等数値は合致 ポイント クリントン政権(民主)=ドル高→ブッシュ政権(共和党)=ドル安 オバマ政権(民主)=ドル高→トランプ政権(共和党)=暫定ドル安 ドル高からドル安へ転換した可能性大

fxredjohn fxredjohn DXY, W,
DXY: 円高
49 0 3
DXY, W
円高

ドルインデックスも重要な局面を迎えていますね。 200SMAと2016年安値が意識されるところでしょう。 とりあえず雇用統計までは円高が進むかもしれません。 主要な経済レポートをみてもこれほどドルが安くなるとは思えないんですよね。

hrht_n hrht_n DXY, D,
DXY: ドルインデックス H&Sターゲットにほぼ到達
132 1 3
DXY, D
ドルインデックス H&Sターゲットにほぼ到達

ドル安の流れが続き、ドルインデックスも続落となっています。 H&Sのターゲットは、ほぼ達成したとみてもいいのではないでしょうか。

hrht_n hrht_n DXY, D,
DXY: ドルインデックス H&Sターゲット手前まで下落
64 0 1
DXY, D
ドルインデックス H&Sターゲット手前まで下落

ドル安の流れが続きドルインデックスは続落、H&Sのターゲット手前、95.5付近までの下落となっています。 大統領選でつけた安値も下回り、大統領選以降のドル高は全て吐き出した事になりました。

hrht_n hrht_n DXY, D,
DXY: ドルインデックス 昨年5月からの上昇50%戻しまで下落
55 0 4
DXY, D
ドルインデックス 昨年5月からの上昇50%戻しまで下落

4月24日にギャップを空けネックラインを割り込んで以降は保合いとなり、先日11日にギャップを埋める形となっていたドルインデックスは、再度ネックラインを割り込み続落となりました。 現在は昨年5月初旬からの上昇幅の50%戻しまで下落となっています。 過去に投稿したものと変わっていませんが、H&Sのターゲットとしては95付近となっています。

hrht_n hrht_n DXY, D,
DXY: ドルインデックス 下落50%戻しで頭抑えられる
50 0 1
DXY, D
ドルインデックス 下落50%戻しで頭抑えられる

ギャップをあけてネックラインを割り込んでから反発となっていたドルインデックスは、H&Sとした場合の右肩部分の下落を50%戻した付近で頭をおさえられる展開となっています。 今後、再度ネックラインを割ってくるとなると急落となる可能性に注意が必要かもしれません。

hrht_n hrht_n DXY, D,
DXY: ドルインデックス H&S形成も
51 0 2
DXY, D
ドルインデックス H&S形成も

H&Sのような形を形成しつつあったドルインデックスは本日のGDにてネックラインを割り込んでいます。 大きな波のフィボナッチリトレースメントで38.2%戻しとも重なる位置でもあるため、そのまま続落となるかには注意が必要かもしれません。

hrht_n hrht_n DXY, D,
DXY: ドルインデックス H&S形成なるか
61 0 6
DXY, D
ドルインデックス H&S形成なるか

FOMCで利上げが実行された後、続落となっているドルインデックスですが ヘッドアンドショルダーズのような形を形成しつつあります。 ネックラインとなるのは99.4付近となり、ここを下抜けると形成と考えられます。 割り込んだ場合、セオリー通りのターゲットは95付近となっています。

hrht_n hrht_n DXY, 240,
DXY: ドルインデックス ダブルトップのターゲットに到達。
51 0 1
DXY, 240
ドルインデックス ダブルトップのターゲットに到達。

大きな下落の61.8戻しでダブルトップを形成となっていたドルインデックスは ネックラインを割り込んだ後、その下落の61.8戻しまで上昇し、FOMCにて大きく下落。 先程ダブルトップのターゲット付近に到達となりました。 ここは、ダブルトップをつけるまでの上昇の61.8戻しの位置付近でもあります。

hrht_n hrht_n DXY, 240,
DXY: ドルインデックス ダブルトップ形成
78 0 3
DXY, 240
ドルインデックス ダブルトップ形成

先週に下落の61.8で再度頭を抑えられたドルインデックスはそのままダブルトップを形成となりました。 セオリー通りのターゲットは100.40付近となります。 ちょうどフィボナッチリトレースメントで、上昇の61.8%戻しと重なる位置付近になります。 現在はネックラインを一度割り込み、戻りを試している形になっています。 このままサポートだったネックラインがレジスタンスとなると下落が強まる可能性もあるかもしれません。

もっとアイデアを見る 12
JA 日本語
EN English
EN English (UK)
EN English (IN)
DE Deutsch
FR Français
ES Español
IT Italiano
PL Polski
SV Svenska
TR Türkçe
RU Русский
PT Português
ID Bahasa Indonesia
MS Bahasa Melayu
TH ภาษาไทย
VI Tiếng Việt
KO 한국어
ZH 简体中文
ZH 繁體中文
AR العربية
ホーム 株式銘柄スクリーナー FXシグナルファインダー 仮想通貨シグナルファインダー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートAPIライブラリ フィーチャーリクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ヘルプ & Wiki ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い マイサポートチケット サポートにコンタクト 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト
閲覧
動画