fxmaruchan
ショート

ユーロ豪アップデート 1.60超えから再度Sポジション構築中 [2018-03-23 金 17:30]

FX:EURAUD   ユーロ/豪ドル
3月23日(金)のユーロ豪アップデートです。

アイデア等でご存じかと思いますが、
今週は、ユーロドルを中心に、ユーロ円のトレードを行っており
いずれもユーロが強いという前提でした。

ただユーロが強いという前提の中、
考えとは異なりますが、テクニカル面でユーロ豪のSも行っています。
こちらはつまりユーロ売りです(豪ドルに対してですが)。

ユーロ豪に対しての直近のアクションはこれが初めてではなく、
3月中に売り転換してから、一度ロスカットを行っています。



その後高値で再度取り直した形なのですが
より長い日足、週足の分析で興味深い内容があるのでご紹介します。

チャートは「【関連資料】ユーロ豪 将来的なヘッドアンドショルダー形成の可能性」で提示した
H&Sの可能性に言及したチャートに書き加えたものです。


■ 日足のダイアゴナル

興味深い点のひとつ目は、
直近の上昇 (1.36 -1.60) に対して白線のラインが引けることです。
これは綺麗なダイアゴナルとなっています。

エリオット波動では、ダイアゴナルは基本的に、1波か5波に発生します。
であるならば、このダイアゴナルはそのどちらかです。

もし1波であるならば、2波下落の後に上昇が控えています。
実際チャネル上限は相当上です。
ただしその場合も上昇の前に下落の2波が到来します。
もし5波であるならば、調整波もしくは新規の下落波動に移行します。

つまり1波、5波いずれのケースでもダイアゴナル完成後は下落波動が濃厚です。


■ オシレーターのダイバージェンス

オシレーターに注目すると、
日足レベルでダイバージェンスが発生している事がわかります。(ピンクのライン)

チャートにはMACDを表示していますが、
それ以外にもストキャスティクスやRSIなどでも同様の事が確認できます。


■ 以上の点を考慮すると

以上を考慮すると、当面の上値には限界(1.62程度まで)があり、
下落への移行が示唆されていると読み取れます。

そしてもしダイアゴナルが完成して下落に移行した場合、

例えばこのダイアゴナルが日足の1波である場合
最大で、上昇起点の1.36までです。

ただし上昇再開となる場合は押しが浅いことが想定されます。
しかしその場合でも、FR0.382の1.51 - 1.52水準への下落はあってしかるべきです。
(※ 高値位置によりフィボナッチ水準は変わります。)

またそこが抜ければチャネル下限の1.45程度の目が出てきます。

さらにもしこのダイアゴナルが5波であった場合
H&S形成方向に向かう可能性もあります。


ただ基本的にはユーロ高のシナリオは崩れていないと思いますので
現状は日足の1波と考えておくべきだとは思います。


このシナリオが実現するには、

・ユーロ高が誤りである可能性
・株安が短期である可能性(豪ドルは株価との連動性が高い)
・何らかの要因で資源高が発生する可能性(豪ドルが強くなる)
・中国がアメリカを超えて台頭する(中国への依存度が高い豪経済に良い影響も)
トレード中: 短期波動アップデート。5波の最終段階と考えています。
トレード中:
ダイアゴナルの下値ラインをブレイク。継続。
コメント: 1.618から1.60レベルまで下落。ポジションの一部をTPし利益確保。1.615超えの良い位置のポジションは残し継続。
トレード中:
コア継続。本日1.60割れを一旦試す。
EMA10に接近しており、日足の終値が割ってくるかに注目。
割ってくれば、戻りで再度ポジションを積み上げる予定。
トレード中:
コメント: 引き続き継続
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト