ShoujiSuzuki
ショート

【EURUSD】下抜けした場合の下落イメージ 2018/08/06

OANDA:EURUSD   ユーロ/米ドル
5/25・6/21・6/28に付けた安値の水平線1.151を抜けた場合、RSIのヒドゥンダイバージェンスも発生しており、まずはレンジの等倍分と6/22の安値まで下落をするシナリオ。
その後調整が入り、1.086まで下落をするイメージを持っています。点線の直近の大きく下落した幅分と今回下落した場合、1.086までの下落幅と同じになります。
一連の流れをヘッドアンドショルダーと見た場合、天頂部とネックラインの幅分と同じ分が下落すると考えてると1.057付近になり、2017/4/7の安値付近になります。
水平線の下抜けを待ちます。
Aug 10
トレード中: やっと抜けた。
素晴らしいですね!まずは日足終値の位置を確認した後、その後の戻りで仕掛けたいですね。
返信
ShoujiSuzuki fxmaruchan
@fxmaruchan, ありがとうございます。いつもホームページ拝見させていただいています。EURJPYのトレードが正解でそちらも見ておかなくてはならなかったです。EURJPYでも同じパターンが出ておりました。反省。
返信
fxmaruchan ShoujiSuzuki
@ShoujiSuzuki, そうでしたか、いつもありがとうございます!なるほど時期的にも円高に動きやすいのでユーロ円は残念でしたね。。。ただ今後ユーロ円は日足のサポートが切れるかどうかに焦点が移りますね。それ次第ではという再度チャンスがあるかもしれないといった所でしょうか。今後ともよろしくお願いします。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト