foxxrexx_

10/11-15 ユーロドル 5日移動平均線を明確に越えられなければ再度下落

ショート
OANDA:EURUSD   ユーロ/米ドル
先週のユーロドルは10月6日水曜日に底を付けその後上昇に転じるも戻りが弱い状態でした。
8日金曜日発表の雇用統計の結果は悪く、その後ドルは売られユーロドルも上昇しましたが、
この雇用統計を以ってしても、結局、終始5日移動平均線を明確に越えることは出来ませんでした。


上へのトライが何度か失敗すれば、次は下への動きに変わると思います。
つまり、5日移動平均線を今週明確に越えられなければ再度下落すると予想します。


先週、長期 (10年債) 金利と短期 (2年債) 金利の両方が上昇して来ていました。
長期金利は1.6の節目を越え、短期金利は9月高値を少し越えた位置に来ています。
金利の影響は少し遅れてユーロドルの下落を後押しするのではないかと考えています。
トレード中: 5日移動平均線よりローソク足のヒゲは出ていますが、
実体では常に抑えられている状態が続いています。

金利はさらに急上昇しており、
下落の見立ては引き続き変わっていません。
トレード終了: 利益確定目標に到達: ユーロドルは予想通り下落し、
10月6日安値1.1529を抜けて来たので、
ショートポジションは1.1525あたりですべて利確、
最大で102pipsの獲得となりました。
コメント: 今後は以下のアイデアを参照ください。

"10/14-15 ユーロドル 5日移動平均線を明確に越えたため上昇"

[Twitter]
ユーロドルの為替トレードを行う際のメモを随時公開しています。
https://twitter.com/Foxrex_
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。