lebain

11/10 EURUSD S <週足レベルの天井>

ショート
FX:EURUSD   ユーロ/米ドル
EURUSD S

長期:下降
中期:下降
短期:上昇

プランⒶ
戦略:短期ブルーチャネル上段下抜けショート

エントリーポイント:短期ブルーチャネル上段下限(=下段上限)
利確:短期ブルーチャネル下段下限
損切:短期ブルーチャネル上段戻り 4時間足確定



■準中期レッドチャネルセンターラインや固定pipsで分割決済を挟むのもアリだと思います。

■EURUSDは現在週足レベルのチャネル上限の価格を付けています。ロング目線の方はご注意!(もちろんどんな目線でも常に注意!)

■損切は、エントリーポイントがどこで来るかによっても多少変更が必要かと思います。
このままもみ合って、準中期レッドチャネル上限すれすれでエントリーできるようなら、
準中期レッドチャネル上限上抜け確定で損切のほうが、潔く切れます。



【用語解説】
長期チャネル:1日~週足レベルのもの
中期・準中期チャネル***:4時間~12時間レベルのもの
短期チャネル:それ以下


レッドチャネル:下降トレンドを示すチャネル
ブルーチャネル:上昇トレンドを示すチャネル


トップゾーン:長期チャネル上部1/4
ボトムゾーン:長期チャネル下部1/4
(週足レベルで長期トレンドを見ているペアなどに関しては、
長期チャネルを2分割し、そこから4分割している場合もあります)


***
中期チャネル:1か月程度継続しており、4時間足以上で明確に捉えられるチャネル。
       かつ、
       ・重ねて数段に渡っており、「その通貨ペアにおいて重要な角度」を示している
       ・上限も下限も複数回に渡って作用している
       ・サポレジ転換がみられる
       ・半年以上に渡って作用している
       など、かなり優位性の高いもの。

準中期チャネル:1か月程度継続しており、4時間足以上で明確に捉えられるチャネル。
        上記の中期チャネルとは異なり、単体で存在するチャネル。

関連したアイデア