masao_shindo
教育

動いていない局面が大事なんです。

FX:GBPJPY   ポンド/円
(GBPJPY)ポンド円 120分

3月後半から上昇していましたが、10日間ほど横ばいの動きになってきました。

こういった動きが小さいときはマーケットへの関心度が下がりがちです。

そして、動きが大きくなってくれば関心度が上がってきます。

これは致し方ないところではありますが、この動きが小さい局面が終わるところを狙うことでトレンド相場の初動を狙うことができます。

そのヒントの一つが移動平均線大循環分析であり、トレンドラインや水平線となります。

どういう局面で変化が起きてくるのかを見ていきましょう。

相場も動きが小さくなり始めてくれば暫くは膠着状態となります。

この膠着状態のところを中間波動と私は呼んでおり、この動きを研究しています。

やはり、地味なところですので関心を持っている人は少ないと思いますが、

中間波動の終わりがトレンド相場の始まりであるということを理解してチャートを見ていきましょう。

「変化の兆し」を感じるようになってくれば、チャートの見方が変わってきますよ。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

コメント

FX、株、指数、いつも様々な銘柄を取り上げて分析してくださって、大変勉強になっております。
>中間波動の終わりがトレンド相場の始まりである
赤い水平線を待たずに、青のラインを抜ければトレンド相場開始と認識してよろしいでしょうか。
返信
masao_shindo Queserasera
@Queserasera, さん
コメントありがとうございます。
そうですね。
ただし、抜けた=「買い」もしくは「売り」ではなく、
その可能性が高まったので、本物かどうかを検証しましょう、となります。
その検証作業の繰り返しが、チャートの読解力の向上につながっていきます。
頑張って勉強していきましょう。
返信
Queserasera masao_shindo
@masao_shindo, さん

アドバイスありがとうございます。
早合点は禁物ですね。性格の問題もありますので、意識して日々のトレードに取り組みたいです。

>検証作業の繰り返し
具体的に何をなさってきましたか。ご教示いただければ嬉しいです。
返信
masao_shindo Queserasera
@Queserasera, さん

コメントありがとうございます。
検証作業は他のオシレータも確認しています。
迷った時は、移動平均線だけでなく、ボリンジャーや一目なども見ます。
また、MACDやストキャス、RSI、RCIなども見るようにしています。
全部をされるのは大変だと思いますので、まずは、サインが出たときに幾つかチェックして
エッジが発生しているかどうかを確認されてみはいかがでしょうか。
返信
Queserasera masao_shindo
@masao_shindo, さん

ご教示ありがとうございます。
RCI以外の指標を使用しております。どうやら今までは検証作業を行ってきましたようで、少し安心しました。
後は精度を如何に上げることでしょう。

どんな質問でもいつも丁寧に教えてくださいまして、本当に感謝しております。
返信
masao_shindo Queserasera
@Queserasera, さん

こちらこそいつもありがとうございます。
日々のコメントが本当に励みになっております。
これからも宜しくお願い致します。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト