TradingView

線形回帰チャネルのご利用方法

教育
NASDAQ:QQQ   Invesco QQQ Trust, Series 1
線形回帰チャネルは、トレンドの正規分布をグラフ化することで、将来のプライスアクションの重要なレベルを特定するのに最適な方法です。

回帰トレンドツール(描画パネルの「トレンドラインツール」グループにあります)を使用する場合、一般的にはトレンドの始まりと終わりのトレンドの2つのポイントを選択します。

チャート上の2つのポイントを選択すると、選択された2つのポイント間でデータセットの正規分布が計算され、線形回帰チャネルの形で表示されます。

このチャネルの中央のラインは、線形回帰ラインまたは平均で、上下のラインは、ツールの設定で定義された平均からの上方と下方の標準偏差です(デフォルトの設定は、平均からプラスマイナス2の標準偏差です)。

この線形関係の相関は、ピアソンの相関係数(ピアソンのR)として表示されます。これは、ツールのスタイルメニューで、チャート上の表示/非表示を切り換える事ができます。

ピアソンのRは、相関の強さとその方向性を示し、値は -1 から 1 の間で推移します。ピアソンのRがゼロから遠ざかるほど、価格と時間の間の線形関係の強さが増します。回帰トレンドツールを使用する場合、ピアソンのRは常に絶対値(正の値)として設定されますが、トレンドの方向性は視覚的に確認することができます。

平均回帰

回帰トレンドの相関性が高い場合、これは値動きが平均(センターライン)に沿って推移しているという一貫性によるもので、平均線の上下で上方や下方の標準偏差レベルまで移動するポイントが少ないということです。

線形回帰チャネルを利用したトレードの1つの方法は、価格の動きが平均から離れたり戻ったりする時に取引することです。

このツールを使用する際に注意しなければならないのは、より多くのバーを含み、高い相関性を持つチャネルは、数本のバーのみでグラフ化された高い相関性を持つチャネルよりも、価格がそのトレンドで継続する可能性が高いということです。
これらのチャネルでトレードする際には、トレンドの長さを考慮する必要があります。

回帰トレンドツールを使えば、ボタンを数回クリックするだけで、統計的分析をトレード戦略に活用することができます!
Get $30 worth of TradingView Coins for you and a friend: https://www.tradingview.com/share-your-love/

Read more about the new tools and features we're building for you: https://www.tradingview.com/blog/en/