turtle_44

「SILVER, お前もか!」

ロング
TOCOM:TRB1!   RUBBER FUTURES
原油(TCL)が一目均衡表でいう『三役好転』を果たしたのは2020年11月24日。
そこから約1年間、無双状態だ。

そして、2021年10月11日大阪金(TGD)と大阪Rゴム(TRB)が三役好転。
※ちなみにこの日NY銅も三役好転。

遅れて大阪白金(TPL)が2021年10月15日に三役好転。

そして、今日大阪銀(TSI)が三役好転した。
※ちなみにNY銀も本日三役好転。

グレートローテーション or NOT

NY銅, TRB , TPL ,TSIの三役好転は、その意味するところが特に重要と考える。

なぜなら、この4商品は産業用商品の顔を持つからだ。

そして、半導体不足、中国経済の鈍化などで、ファンダメンタルズだけを見ればこれら産業用商品が上がる理由などほとんどない。

それなのに、この上昇パワーだ。
私自身、投資歴が長いとは言えないが、この下から得体の知れないものが突き上げてくる浮遊感は初めて経験する。

いや、投資経験は関係ないのかもしれない。
日本はもちろんのこと、世界は20年以上デフレだったのだ。つまり、20年間、バフェットだろうと、ジョージ・ソロスだろうと、インフレの浮遊感など味わってはいない。

私は今日、日本の商品取引で流動性の担保のあるTGD, TPL , TRB ,TCLに関してはすべてロングポジションを取った。
つまり、4指標がすべて暴落したら大やけどを負うことになる。

しかし、大やけどなんて恐れてどうする。
20年に1度の大変革期の可能性がありありと見えてきた今、それでも勝負にいかないことの方が私はよっぽど恐い。