masao_shindo
教育

チャートがどこで動きだすのか? 

FX:USDCAD   米ドル/加ドル
(USDCAD)米ドル/カナダドル 週足

チャートはトレンド相場と中間波動が混同して構成されています。
トレンド相場とは大きく動く相場で、中間波動とは小さく動く相場です。

大きく動いた相場が終わると、動きが小さくなりやすくなります。
動きが小さい相場が終わると、動きが大きくなりやすくなります。

トレードにおいて大きな利益を狙うには、当然のことながらトレンド相場を獲ることです。
中間波動の小さな動きの中では、トレードが難しく大きな利益を狙い難いところです。

この基本的な原則を理解することで、トレードに関する考え方が大きく変わります。

トレンド相場をいかにつかみ取るかが重要です。
ということは、中間波動が終わるところを狙うことがポイントとなります。

動きが小さい相場がどこで終わるのかを見ていきましょう。
動きが大きくなり始めるところがあります。
その変化の兆しを探していきましょう。

つまり、上がるか下がるかではなく、動きが小さいのか大きいのかに意識しましょう。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

コメント

トライアングルをどちらかに抜けると、その後の価格の振れ幅は、赤い点線の幅くらいを目安に、決済を考えればいいでしょうか?
返信
@k-mak, さん

コメントありがとうございます。
赤い点線も目安になりますが、チャートの勢いに目線を向けて流れに変化が出たところで決済するのが良いでしょうね。
これからも宜しくお願い致します。
返信
有難うございます。ネットセミナー時パスして暗記しようと思っていたことが文章解説「中間波動の終わり、動きが小さい相場がどこで終わるかに注目せよ。大きく動き始めるところ、変化の兆しを捉えよ」で氷解し、暗記から理解へ進めました。パンローリングの戦略セミナーと先週のネットセミナーを経て、やっと神藤先生の声が聞こえたように思います。次は、大きく動き出した相場で、本物の動きを確認してどう仕掛けるかを考えようと思います。re凡
返信
@Henry-T, さん

コメントありがとうございます。
大きく動き出す銘柄を狙っていきましょう。
これからも宜しくお願い致します。
返信
先日の収録録画と同じですね。「動きが小さいのか大きいのかを意識する」、自分にとってはとても新鮮でした。
ありがとうございます。
返信
@sanoaiko, さん

コメントありがとうございます。
先日の収録を意識して記事を書きました。
何度も意識することで、新しい考え方が身につきますよね。
これからも宜しくお願い致します。
+1 返信
sanoaiko masao_shindo
早速のご返信、ありがとうございます。宜しくお願いします。佐野元康
返信
@sanoaiko, さん

こちらこそ宜しくお願い致します。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト