OANDA

ドル円は引き続き方向感探る動き。108円台を抜けるまでは鈍い動きの可能性も?

OANDA:USDJPY   米ドル/円
OANDA:USDJPY
昨日もドル円は方向感の鈍い動き。安値を少し切り下げるような動きとなったところでも買い戻しがしっかりと入り、手を出しにくい状況が続いています。
本日も引き続き、均衡が上下いずれに崩れるかに注目したいです。直近のレンジでは108.25-108.75付近にまずは注目ですが、しっかりと108円台を抜けるような動きとなるまでは方向感の鈍い状態が続く可能性も考えられ、悩ましいところです。