mikan-ya-EURUSD

ドル円:4時間足25本平均線が今後にとって大きなカギかと…

ショート
FX:USDJPY   米ドル/円
~ドル円月足~

21:57 2018/08/01記載

   月足を見ると、バンドの形は依然としてヨコヨコで、月足レベルの大きな方向性はあまり感じられません。16年7月から10月まで月足-2σ付近に位置していたのが、米大統領選挙で大きく相場が動き、12月に一気に-2σから25月平均線付近まで上昇しました。その後は値動きが乏しくなっているように見えます。バンドのラインからはサポートやレジスタンスとして機能しているようには見えず、16年12月より±1σ(現在+1σ:113.83円、-1σ:106.85円)の範囲で推移しているようです。ほかには、現在ピンクのチャネルで推移していると考えているのですが、そのピンクのチャネル上限を上抜けるようにも見えます。もし、この後も上昇するのであれば、月足+1σ付近が大きなポイントになるように思いました。この月足+1σ付近をロングポジションの利確ポイントに考え、その後の反応を見て、月足+2σ(現在117.62円)を目指すか否かを判断したいと思います。

・月足バンドの形はヨコヨコ
・月足±1σの範囲で推移している
・ピンクのチャネル上限ラインを上抜けるか否かの場面
・上昇するなら月足+1σ付近がロングの利確ポイントか
・月足+1σ付近の反応は注目すべきポイントかと


~ドル円週足~

10:43 2018/08/05記載

   週足を見ると、バンドの形はヨコヨコで、大きな方向性はあまり見られません。7月16日週足高値(113.17円)が週足+2σではね返されて陰線となり、そのまま週足-2σを目指す動きになると考えていましたが、先週(7月30日週足)週足が、週足+1σ(110.82円)ではね返された陽線をつけたことから、週足+1σ~+2σのラリーになるイメージがとても強くなりました。週足+1σをしっかり下抜けるまでは。週足レベルで+2σ(112.90円)を目指した上目線で考えたいと思います。

・週足バンドの形はヨコヨコ
・週足+1σ~+2σのラリーか?
・週足+1σをしっかり下抜けるまでは上目線で
・目標は週足+2σで


~ドル円日足~

10:52 2018/08/05記載

   日足を見ると、バンドの形が上向きからヨコヨコに変わりつつあるように見えました。7月31日日足の大陽線で5日平均線・25日平均線をしっかり上抜けましたが、金曜日(8月3日日足)でその陽線を否定するような陰線をつけました。まだ、7月31日安値(110.75円)を更新していないことから、下目線に転じるのは時期尚早なのかもしれません。上に向かうか下に向かうか、判断が難しいと思いました。日足レベルでは様子を見ようと思いました。

・日足バンドの形はヨコヨコに変わりつつある
・5日平均線・25日平均線をしっかり下抜け
・7月31日安値(110.75円)を更新していない
・上に向かうか下に向かうか判断が難しい
・日足レベルは様子見


~ドル円4時間足~

22:14 2018/08/06記載

   4時間足を見ると、バンドの形はヨコヨコになりつつあります。結局、週明けオープン(6日6時の足)安値が4時間足-2σ付近まで下落したものの、タッチすることができずに上昇しています。このまま4時間足±2σのラリーになるのか注目です。とはいえ、1日14時足高値(112.15円)→2日18時足安値(111.31円)→3日14時足高値(111.87円)→3日22時足安値(111.10円)と下値切り下げ状態が続いています。そして、2日18時・22時安値が、25本平均線でサポートされたことから、今度はこの25本平均線(現在111.60円)がレジスタンスとして機能するか否かに注目しています。もしレジスタンスとして機能するならば、下値切り下げが継続していると考えられ、中長期的上目線に陰りが出てくる可能性がでてきます。逆に、25本平均線をしっかり上抜けるようであれば、下値切り下げは一過性だったと考えられます。中長期的な目線を見据えるうえで、この付近の値動きは要注意化と考えています。なお、25本平均線を上抜けたとしても、4時間足バンドがヨコヨコであることから、4時間足+2σ(現在112.07円)付近でいったんはね返されるのでは?と考えています。

・4時間足バンドの形はヨコヨコに
・1日から下値切り下げ状態に
・25本平均線がサポートとして機能したので、今度はレジスタンスとして機能するかがポイント
・25本平均線がレジスタンスとして機能すれば、中長期的上目線に陰りも
・25本平均線をしっかり上抜けても4時間足+2σでいったんはね返されるのでは?


~ドル円を総合的に考察~

22:26 2018/08/06記載

米10年債利回り:ダウ30:日経225:ユーロドル:
   ドル円は、中長期的にはまだ上目線継続ではあるものの、4時間足レベルの下値切り下げが一過性なのか、本格化するのか見極める必要があることから、もう少し様子を見て、流れをみたいと思っています。4時間足25本平均線を上抜けるか否かは今度の流れを判断するには大きなポイントだと思いますので、その付近の反応を見てから判断しても遅くはないように思います。なお、今回の25本平均線付近でのトレードはやめておきます。もし、25本平均線をしっかり上抜けて、4時間足+2σ付近まで上昇するのであれば、4時間足レベルの短い保有期間でショートしてみたいと思いました。4時間足+2σ付近は112円ちょうど付近で節目にもあたりそうなので、111.9-112.0円付近でショートしたいと思いました。撤退ポイントは1日14時足高値(112.15円)付近である112.2-3円で考えています。

・中長期的にはまだ上目線継続
・4時間足レベルの下値切り下げが一過性か本格化か見極める必要が
・4時間足25本平均線が中長期的な目線に対する大きなポイントかと
・中長期的目線とは別に保有期間短めで111.9-112.0円付近でショートしたい
・撤退ポイントは112.2-3円