ringoinvestrade

【2019年ドル円4時間足のマイトレード手法検証】勝率81%、建値決済19%、損切り0%

教育
OANDA:USDJPY   米ドル/円
USDJPY

マイトレード手法

2020年の1年間でマイトレード手法を検証し好成績の結果を残しました。
最近も利益が残せるようになりましたが、ルール無視で無駄にトレードしてしまったこともあり、基本に立ち返って過去検証を2019年で行いました。

◯メリット
・ロスカットがなかった、建値決済はあり。
・条件はMACD、トレンドライン、SMA、フィボナッチリトレースメント(FR)、フィボナッチエクステンション(FE)でよく使われている手法。
・ロスカットとターゲットの設定を一定に保てる。
・ファンダメンタルの情報は一切なくテクニカル分析に集中した手法

◯デメリット
・エントリーの条件が1ヶ月に1回もないことがある。
・エントリーチャンスが少ない。
・トレンドラインやフィボナッチの技術は個人差が出る。
・MACDの設定は未検証(デフォルト)。

検証は2Lotで行っています。

【トレードルール】
①MACDが事前にゴールデンクロス(デッドクロス)
②エントリー条件
・直近のトレンドライン[高値安値切り上げ(切り下げ)]を突破しFR61.8%に指値注文。
・直近の最安値(高値)からフィボナッチを当てる。
・4時間足20SMAと重なる位置。グランビルの法則買いサイン②
③エントリーと決済
・一括エントリー。
・ターゲットはFE100%、161.8%で分割決済。FE100%到達後は建値決済。
④直近安値(高値)より30pips下(上)に損切り
※①・②が同時に起きることや逆になることもある。

【トレード結果】
◯ロング 6回
・利確数 10回
・建値決済 2回
・損切り 0回
・平均pips 97pips
・総利益 976pips
◯ショート 7回
・利確数 11回
・建値決済 3回
・損切り 0回
・平均pips 91pips
・総利益 1002pips

【チャート】
◯ロング







◯ショート







トレード結果を保証するものではありません。
FX1年の経験で検証としては甘いと思われるレベルかもしれませんが、自分で調べてみると学びは多かったです。
お気づきな点や修正が必要な点があったらお気軽にコメントいただけると嬉しいです。

これからもコツコツと勉強・検証・実践・記録を行っていきます。