BIusually

1/25トレードレポート

OANDA:USDJPY   米ドル/円
〈昨日の振り返り〉
為替市場
昨日は終始円高・オセアニア通貨高でドルは横ばいな動きでした。

アメリカ株式市場
アメリカ株式は一昨日とは変わって3指数すべて下落しました

アメリカ債券市場
アメリカ債券市場は上昇しました

昨日は為替と債券はリスクオンで株式市場だけが下落しました



〈ファンダメンタルズ〉
昨日は23:45に発表されたアメリカPMIが予想を上回る結果となりドルが買われましたが、その後の24:00から発表されたリッチモンド連銀製造業指数が予想より悪かったのでドルが売られて通貨の中ではドルは横ばいでした。
その後に早朝6:00に発表されたマイクロソフトの決算ですが、収益は予想よりプラスで売り上げは予想よりマイナスでした。マイクロソフトのクラウド「アジュール」の増収率が1-3月期は減速の見通しが出て株価が下落はしたましたが微々たるものです。おそらく昨日のアメリカ株の下落要因はおそらくGoogleを傘下に収めるアルファベットかと思います。グーグルはアメリカ司法省から広告権利の乱用で反トラスト法違反(独占禁止法)で提訴されました。これによりアルファベット株がアメリカ株の中で一番下落しました。
今日9:30に発表されたオーストラリアCPIが予想値より上回る結果となりました。これはオーストラリアの利上げ継続を示唆する内容で豪ドルが買われる要因となります


〈今日の重要な経済指標〉
今日は個人的に重要な経済指標はないと思います。明日は22:30からアメリカの10-12月GDPが発表が控えております。アメリカは全体の6~7割が個人消費なので、このGDP個人消費が予想より悪ければアメリカの景気後退が進んでるということになりドルは売られると思います。もしアメリカGDPが予想より良ければ景気後退は進んでおらず、アメリカのターミナルレートの引き上げの要因になるかと思います。どちらにせよ明日のアメリカGDPは注目したいと思います。


〈テクニカル分析〉
AUDUSDの0.70と週足の200週移動平均が重なっているところになっております。明日のGDPの結果次第では0.70と週足の200週移動平均を抜けるか注目です


〈今日のトレード戦略〉
今日のオーストラリアのCPIが予想値より高い結果が出たのは個人的に驚きでした。そうなるとまだまだオーストラリアは利上げをする可能性があり、豪ドルは買われることになると思います。そうなると何の通貨に対して豪ドルを買うかを考えていきたいところです。今私自身はAUDUSDロングとGBPUSDショートとあとはEURUSDロングを狙おうと思います