IGNICA

20210524-0528 USD/JPY シナリオ

OANDA:USDJPY   米ドル/円
来週からのシナリオを組み立てていきたいと思います
週足レベルで見ると1WSMAを上抜け,安値は直近の高安の50%でサポートされてくるかと見せている状況
ただし,高値も週足レベルで認識できる抵抗帯で一度抑えられてきてますので長期的な売り方としては次は高値切り下げるように売られてくる展開も考えられます
そのような中,日足レベルでは直近で高値はダブルトップ,安値はダブルボトムを形成するようにこのレンジ内で難しい値動きになることが考えられますのでそのような上位足の相場環境を頭に入れてトレードを組み立てていく必要があります
もう一段下,4Hレベルで見ていくと安値更新から下降トレンドに入っている中,直近ではダブルボトムを形成するかのように見せてきている局面からのスタートとなります
直近ではダブルボトムを形成しているので買っていけるかと考えられるわけですが高値は順次切り下げてきており,下降トレンド継続中のため,高値際からは次の高値切り下げポイントを形成するように売りが入って着やすい状況になります
ここから買いを検討するのであれば,例えば下降トレンドを崩すように安値切り上げてくる中,4H,1DSMA迎えに来るところをトレード足レベルに置いてダブルボトム等明確な反転を見せるようであれば買っていきやすいかと考えています
また,すぐに高値を更新してくるというよりは時間を使ってきた場合も同様に4Hレベル安値際からの反転を拾っていきたいと考えています
また逆にここから売りを検討するのであれば,例えばこれまでの下降トレンドを継続するように高値を抑えられ,切り下げてくるようであれば直近高値直上にLCを設定して売りを検討できる局面が生まれてくるのではないかと考えています
ただし,安値際からは既に日足レベルでも認識できるサポートラインが見えてきていますのでエントリーする際は十分高値際からのエントリーを心がけ,リスクリワード見合わないようであれば見送る判断も必要になってくるかと考えています
このようなリスクが高いと見るのであれば一度サポートラインを割り,逆にレジスタンスされるように高値を切り下げてくるポイントにおいて売りを検討しても良いかと考えています