Mshi
ロング

ドル円明日のFOMCまでの相場観とそれからの相場観

OANDA:USDJPY   米ドル/円
1201 views
10
1201 2
さて先ほどTwitterでも申し上げた通り

①FOMCまでの相場観
②FOMC後の相場観


このあたりを考えていきたいと思います。

【①FOMCまでの相場観】

まず①から
おそらくですが一旦108.20付近までは落ちると思います。
それがFOMC発表直後なのか、発表まえにタッチするのかは分かりませんが落ちる可能性はあると思います。
ではなぜ108.20付近なのか。
それはまず日足のMAです。


現在中期長期ともに108.20近辺におりこのような形の時はMAの硬さを試しにいく傾向があります。
しかしMAも実体抜けしており長期目線ではロングです。
しかし1時間足、4時間足を見て見ましょう。


1時間4時間ともに実体で中期MAを抜けており
短期的に1時間ではパーフェクトオーダーの形

ここが崩れると少し下目線は崩してFOMC前のヨコヨコ目線への切り替えとなります。
このシナリオはあくまで①FOMC前までのシナリオであって
大切なのは②FOMC後のシナリオ


【②FOMC後の相場観】

これは2パターンにわかれます。

⑴利下げ幅が50ベーシスポイントの場合

これは現在市場が折り込んでいませんのでおそらくこの結果になると大きく下落することになります。その理由は⑵にあります。

⑵利下げ幅が25ベーシスポイントの場合

これは現在のマーケットのメインコンセンサスなので、すでに折り込み済みという形になっています。
前回の記事でも書きましたが元々マーケットは⑴のシナリオをメインコンセンサスとしていました。

しかし現状は⑵をメインコンセンサスとしています。
したがって⑴の結果になった場合は逆サプライズなので大きく下落することになると思います。

では⑴利下げ幅が25ベーシスポイントの場合どう言った値動きになるのかを考えていきたいと思います。

⑴利下げ幅25ベーシスポイントのシナリオ

→一旦は下落108.20-108.00付近
→その後上昇
→109.0のネックラインを実体抜け
→日足ダブルボトムを作り下落チャネル上限まで上昇


これが僕のメインシナリオです。
ではなぜそう言えるのか?もう一度日足のチャートを見ていきましょう。


少し見えにくいのズームしました。
黄色いラインが僕が考えているコンセンサスです。
ではなぜこのような動きが考えられるのか?
理由は4つ。


①日足MA
②チャネルのサポレジ転換
③①②がビタ付けで重なっていること
④日足のPO


ただ上にそのまま抜ける可能性もあるのでとりあえず108.0近辺が仮にあるのなら買ってもいいのかな?とは思います。
しかしかなり大きな指標ですので基本はノートレがいいと思います。ノートレをおすすめする理由は以下の通りです。

①動きが早すぎてついていけないこと
②抜けたとき損切り幅も大きくなってしまうのでリスクリワードが伴わないこと

仮にトレードするなら
「短期底打ちを確認すること」ここだけはマストで守らなければ大怪我に繋がりかねないので、あくまで僕の相場観は参考程度に留めて置いてください。

というのが僕が今考えていることでした。
どっかでは買いたいなーぐらいの感覚です笑

初めて1か月のど素人の私ですが、ほとんど同じようなラインを引いてて、見立ても同じような感じなのですが・・・相場ってこんなものなのでしょうか・・・綺麗すぎて逆に不安になるのです。
返信
Mshi chan_tama
@chan_tama,僕にもどうなるかは全く分かりません。予想は予想ですので出た形に合わせて、優位性の高い方向に乗るのがトレーダーというお仕事だと思っています。そのエントリーが正しければ利食い間違っていれば損切り、そのリスクリワードを徹底することが大切だと思います。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプセンター 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト