OANDA:USDJPY   米ドル/円
サウジアラムコ石油施設にテロ攻撃
中東情勢が不安定になってきましたし、ここでトランプ大統領がイランにまた攻撃を示唆するようなことがあれば、どうなることやら。
今週17~18日にFOMCを控えている為、様子見相場となりそうだが、イラン問題が再燃していることと、日本がお休みということもあり円高方向に
一旦振れて、欧州勢が入ってきてから動くと考えています。200日MAが109.411程度なので、ここを目指して上げていくと考えられます。
 9月の利下げは遠退いたと思われるので、ドル高基調はもう少しだけ継続されるのではないだろうか。
 

コメント