masao_shindo

CFTC建玉明細 ~ファンドのポジションを確認~ ファンド

教育
CBOT_MINI:YM1!   ダウ先物ミニ(当限つなぎ足)
(YM1!)ダウ先物 週足

ダウの先物に対するファンドのポジションの推移を見てみましょう。

チャートの下の図の赤の折れ線はファンドの買いポジション、青の折れ線はファンドの売りポジションとなっています。

オレンジ色の棒グラフは買いと売りの差となっており、0より上は買い越し、0より下は売り越しということになります。

これを見ると、2018年8月辺りから2020年3月辺りまではファンドが売り越しになっていたということです。

つまり、ファンドは株式市場に対して弱気になっていたということが分かります。

そこから、コロナショックを経てからは株式市場に対しては強気になってきています。

ファンドの動向がすべてではありませんが、ファンドの動向を確認することでトレードのヒントとすることは出来ます。

ファンドがコロナショックを経てから弱気から強気に変わってきており、この動きがどうなっていくのかも見ていきましょう。

次にチャートの形状を見ると、高値切り上げ、安値切り下げとなっています。

この動きは拡大型のトライアングルです。

NYダウは変動率が高いということです。

上昇が続くにせよ、反転して下降トレンドになるとしても、大きな動きになることが考慮されるということも念頭に置いておきましょう。

「ラインブレイクトレード」
公式インジケーター(ライト版)を無料プレゼント。申し込みは下記から
https://info.kijik.co.jp/sd/op/linebreak_light/?tradingview
ラインブレイクPRO版
博士のラインブレイクトレード!
https://info.kijik.co.jp/sd/sl/linebreak-trade/

神藤将男の公式LINE。
お得な情報を最速でお届け!
https://info.kijik.co.jp/sd/line/
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。