masao_shindo

CFTC建玉明細 ~ファンドのポジションを確認~ ファンド

教育
CBOT_MINI:YM1!   ダウ先物ミニ(当限つなぎ足)
(YM1!)ダウ先物 週足

ダウの先物に対するファンドのポジションの推移を見てみましょう。

チャートの下の図の赤の折れ線はファンドの買いポジション、青の折れ線はファンドの売りポジションとなっています。

オレンジ色の棒グラフは買いと売りの差となっており、0より上は買い越し、0より下は売り越しということになります。

これを見ると、2018年8月辺りから2020年3月辺りまではファンドが売り越しになっていたということです。

つまり、ファンドは株式市場に対して弱気になっていたということが分かります。

そこから、コロナショックを経てからは株式市場に対しては強気になってきています。

ファンドの動向がすべてではありませんが、ファンドの動向を確認することでトレードのヒントとすることは出来ます。

ファンドがコロナショックを経てから弱気から強気に変わってきており、この動きがどうなっていくのかも見ていきましょう。

次にチャートの形状を見ると、高値切り上げ、安値切り下げとなっています。

この動きは拡大型のトライアングルです。

NYダウは変動率が高いということです。

上昇が続くにせよ、反転して下降トレンドになるとしても、大きな動きになることが考慮されるということも念頭に置いておきましょう。
長年のチャート分析と研究検証を重ねて生み出された
「shindo_linebreak」インジケータ付き
博士のラインブレイクトレード詳細はこちらから
https://saipon.jp/h/linebreaktrade/

YouTubeチャンネル開設
神藤将男チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCXvNjlUPil_TtSa1M_4k8_Q

コメント

0ラインを割れる=買と売が同数の意味合いでしょうか?とすれば0ラインを割る事によって加速度的に下落トレンドが発生する事があるかもしませんね。大きなトレンド転換の目安になりますね。
返信
masao_shindo am41tkbb2560
@am41tkbb2560, さん

コメントありがとうございます。
0ラインが買いポジションと売りポジションの枚数が同じということですね。
0ラインが変化につながりやすいということですね。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー アバウト チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター プライベートメッセージ チャット サインアウト