TSE:5020   ENEOSホールディングス
(5020)ENEOSホールディングス 日足チャート

2018年に高値を付けてから長期安定下降のチャートになっています。

その大局の動きを見るのは、200日移動平均線で見ていきます。

200日移動平均線ですから、200本分のローソク足の平均線となります。

厳密ではありませんが、おおよそ約1年の移動平均線となります。

約1年の動きが上向きか、下向きか、それとも横ばいかで、大局が上昇、下降、中間波動かを判別します。

さて、この長期安定下降のチャートですが、何度か200日移動平均線に挑戦し、200日移動平均線の抵抗を受けています。

この抵抗を受け続けている限り上昇トレンドになることはありません。

上昇トレンドになるためには、まずは現状の下降トレンドが終焉する必要があります。

また、現状のチャートから見れば、2020年3月の安値を割らない方が目先の転換の可能性が高まります。

そして、200日移動平均線を超えていかなければいけません。

さらに、超えるだけではなく200日移動平均線が右肩上がりになる必要があります。

この転換するときの一連の動きをしっかりと理解すると、チャートの読解力が向上していきます。

ここからどうなるを予想をせずに素直に見ていきましょう。
長年のチャート分析と研究検証を重ねて生み出された
「shindo_linebreak」インジケータ付き
博士のラインブレイクトレード詳細はこちらから
https://saipon.jp/h/linebreaktrade/
神藤ラインでトレンドの初動をつかむ!
https://bit.ly/2WcnVQ1%E2%80%8B