masao_shindo

トレンド転換の基本的な動き ~200日EMAとローソク足の関係~

教育
TSE:8306   三菱UFJフィナンシャル・グループ
(8306)三菱UFJフィナンシャル・グループ 日足

今回は堅調な動きになっているチャートの推移を確認していきましょう。

昨年3月にコロナショックで大きく下落しました。

結果的にはそこが直近の安値となり底打ちとなりました。

その後、価格が切り返して上昇しました。

そこから、再度反落しましたが、前回の安値を割らずに再び上昇したことで、3月が「底値」となり、7月が「二番底」となりました。

そして、価格は上げ下げを繰り返しながら、上昇相場へと移行していきました。

この一連の流れを、200日EMAとローソク足の関係を合わせて見ていきましょう。

まず、底打ちした時の200日EMAとローソク足の関係では、二つの距離が一番乖離しているのが分かります。

次に、戻り高値を付けたときには、200日EMAが抵抗となって上抜け出来ずに反落しました。

今度は二番底を付けたときの200日EMAとの距離は底打ちした時の200日EMAとの距離とは違って乖離が小さくなっています。

そして、今度はトレンド転換していく中で、200日EMAに挑戦をしていきます。

2020年11月では一度は突破するものの、長くは続かずに200日EMAを割り込みました。

その後に200日EMAを突破した時は、反落しても200日EMAがサポートとなっていました。

このように、ローソク足の動きと200日EMAの関係も見ることでヒントに繋がっていくことがあります。

今回のチャートはよく見かけるトレンド転換の動きですので、この特徴をしっかりと頭に叩き込んでおきましょう。
長年のチャート分析と研究検証を重ねて生み出された
「shindo_linebreak」インジケータ付き
博士のラインブレイクトレード詳細はこちらから
https://saipon.jp/h/linebreaktrade/

コメント

凄く分かりやすい説明ありがとうございます。
理解が深まりました♪
返信
@k-mak, さん

コメントありがとうございます。
トレンド転換の流れを理解すると、チャートを見るのが楽しくなりますよ。
返信
とても分かり安かったです。頭に叩き込んでおきます。ありがとうございました。
返信
masao_shindo am41tkbb2560
@am41tkbb2560, さん

こちらこそコメントありがとうございます。
記事作成の励みになります。
返信
確かに、そのようになっておりますね。
3番底、4番底という感じで見ますと、3番は、さらに200日線との乖離が少なくなっており、4番底は、200日線と接しているといってもいい感じですね。
ようは、日足トレンドが上昇していく過程での200日線への接近は上場トレンドへのきっかけとも言えなくはないですね。
如何ですか?
hidepi-hidepi
返信
@hidepi-, さん

コメントありがとうございます。

「日足トレンドが上昇していく過程での200日線への接近は上場トレンドへのきっかけ」というのは仰る通りですね。
ここでのポイントとしては、200EMAの接近がトレンド転換の場合と、トレンド継続の一時的な反転のケースもあるということを理解しておくことですね。
返信
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター プライベートメッセージ チャット サインアウト