masao_shindo

1.7兆円の大赤字のソフトバンクグループ

教育
TSE:9984   ソフトバンクグループ
(9984)ソフトバンクグループ 日足

株価のチャートとファンダメンタルズの推移の違いというのは、非常に興味深いと言わざるを得ません。

なぜなら、昨年ソフトバンクグループの最終利益はざっと5兆円という過去最高の利益だったにもかかわらず、そこから、株価は急反落していきました。

過去最高の利益というものをマーケットは決算発表のときには、株価に織り込まれていたということでしょう。

そして、決算発表が行われると、「知ったらしまい」で売られて一気に下落していきました。

次に、先日1.7兆円の大赤字の決算を発表したら、今度は株価が急反発しました。

まだ、下降トレンドの流れは変わっていませんが、大赤字の決算発表の後に株価が上昇すると動きもファンダメンタルズでは、読み取れない動きです。

なので、チャート分析に基づいて分析することが大事ですよとお伝えしておきます。

では、そのチャートを見ると、ここからは非常に重要な局面になってきていると言えます。

なぜなら、3月15日の安値(4210円)が一番底になれば、トレンド転換の可能性が浮上するからです。

一方で、底抜けすれば、反転が遠のくということになります。

ここからの動きに注目していきましょう。

「ラインブレイクトレード」
公式インジケーター(ライト版)を無料プレゼント。申し込みは下記から
https://info.kijik.co.jp/sd/op/linebreak_light/?tradingview
ラインブレイクPRO版
博士のラインブレイクトレード!
https://info.kijik.co.jp/sd/sl/linebreak-trade/

神藤将男の公式LINE。
お得な情報を最速でお届け!
https://info.kijik.co.jp/sd/line/
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。