kowatasan

どの期間の移動平均線を拠り所にトレード判断を行うべきか? 今フィットしている移動平均線を探そう!

教育
kowatasan Premium アップデート済   
COINBASE:BTCUSD   ビットコイン/米ドル
移動平均線による平均値を目安に取引を行うトレーダーは多いことと思います。

割安、割高を判断したり、トレンドを把握するために移動平均線を用いるわけですが、メジャーな使い方としては、

移動平均線の上に価格がある場合(上に価格があり、移動平均線で跳ね返される場合)は買い、というもの。

では基準とする移動平均線の期間はどれが適正なのでしょうか。

短すぎる移動平均線を選択すると、価格が頻繁に上下に跨ぐため、コロコロポジションをひっくり返す必要が出てきて面倒です。

反対に長すぎる移動平均線を選んでしまうと、基準のラインまで滅多に価格が寄り付いてきてくれません。


ほどほどに価格が維持し、かつ乖離しすぎない期間の移動平均線を選ぶことが重要になってきます。


そのような移動平均線は、銘柄や時期により変化するため、最近の傾向を掴み選択する必要があります。

ビットコインが現在上昇していますが、どの期間の移動平均線が最もフィットしているように見えますか?
コメント:
日足も参考にどうぞ。

オリジナルインジケーターを使いテクニカル分析の基礎から学び腕を磨き合うオンライントレードクラブを運営してます。
興味ある方はLINE公式 に登録!
魔法のインジケータープレゼント中!
https://line.me/ti/p/%40211ywenv

大人気ユーチューバーさんに紹介されました!
https://www.youtube.com/watch?v=HJb96ee_838