tawamiko-N

波動分析 〜ジグザグカウント例②〜

INDEX:BTCUSD   ビットコイン/米ドル
こんばんは。たわみこです。
今回は前回投稿の続きになります。
まずは前回投稿からの上昇波のカウント例を考えてみましょう。(オレンジ丸)
この様にダブルジグザグとするカウントがしっくりくると思います。
他のカウントも出来ると思いますが全体がインパルスとするのは少し難しいですね。。

ではこの上昇波をダブルジグザグの3波動とカウント出来ました。
前回の想定例ではどれに当てはまるでしょうか?
例①、例③はフラットのC波としていましたのでこの想定は除外されますね。
例②はトライアングル想定でしたね。トライアングルの副次波は3波動ですのでここまではOKですがトライアングルのAを軽く超えてきましたのでこちらの想定も除外されますね。
例④ではB波がどうなるか分かりませんとしていました。
ジグザグのB波ではどの修正波でもOKですので今回のダブルジグザグでもOKとなりますね。
これで前回の想定例からは1つに絞れました。

では気になる現在のC波のカウント例は。。。
ちょっと微妙なカウントですが。。
などなど

では一つ大きなディグリーではどうなるでしょう??
などなど
色々と考えられる状況ですね。

カウント例は色々あるのですが一つこんなカウントはどうでしょう?
前回の想定例①のカウントがベースのカウントです。
ブルー枠(フラット)+グリーン枠(フラット)です。
このカウントが成り立つのか?成り立つなら一つ上のディグリーではどの様なカウントになるか?
考えてみてくださいね

また波を見ながら投稿しますね。